1927 - 1929

PV4

ボルボ初のサルーンカー、PV4は、1927年夏に登場し、それに代わる「スペシャル」バージョンは翌年紹介されました。PV4のボディワークはウェイマン方式を採用して、シャシから分離された木製のフレームを、スチールの代わりに人工皮革で覆ったものでした。シートは、2人用の快適なベッドに変えることができました。

主要諸元

モデル:PV4
バリエーション:PV4「A」、PV4「スペシャル」
生産期間:1927~1929年
生産台数:694台
ボディ:サルーン
エンジン:サイドバルブ式直列4気筒、1,944 cc、75x10 mm、2,000 rpmで28 bhp
トランスミッション:3速、直接作用フロアレバー