1950 - 1958

PV831~4

1950年、ボルボは800シリーズのアップデートバージョンとなるタクシーを発売しました。新型の主な特徴はフロントのデザインにあり、車体が低めになり、ヘッドライトがフロントウィングに埋め込まれるように取り付けられています。

新型PV830は1953年に登場しました。この車は、大企業がVIPを送迎する際の高級車としてデザインされたものです。このバージョンを際立たせたエクステリアの大きな特徴はその色で、マルーンメタリックまたはダークブルーに塗られていました。

インテリアには、高級な布製の内装が用いられていました。一方リアシートには折りたたみ式のセンターアームレストがあり、フロアには織物のカーペットが敷かれていました。また、ラジオも標準装備されていました。

タクシーとしては、使い古すことがほぼ不可能なほど丈夫な車と認識されるほどで、実際のところ数台は1980年代まで使用されていました。

タクシー車両に加え800シリーズは、救急車やエステートカー、ミニバンとしても利用できるように、シャシのみでも販売されました。

主要諸元

モデル:PV831~4
バリエーション:PV831 (ガラスの仕切り付きタクシー) PV832 (ガラスの仕切りなしタクシー) PV833シャシ PV834シャシ、ロングホイールベース
生産期間:1950~1958年
生産台数:6,216台
ボディ:7~8人乗りタクシー、または救急車などに使用するシャシ
エンジン:サイドバルブ式直列6気筒、3,670 cc、84.14x110 mm、3,600 rpmで90 bhp
トランスミッション:3速マニュアル、ステアリングコラムでのギヤチェンジ
ブレーキ:全輪に油圧ブレーキ
寸法:
その他:ホイールベース、3,250または3,550 mm