1956 - 1957

SPORT P1900

1954年、ボルボがガラス繊維強化ポリエステル製ボディの2シーター・オープンスポーツカーを発表すると、センセーションが巻き起こりました。

しかし、この車は1956年まで生産されることはなく、多くの問題を抱えて1957年に生産が打ち切られました。この時点までに量産されたのは、67台(もくは68台)でした。

元々この車は輸出用とされていました。コンバーチブルは、スウェーデンの気候に最適だとは思われなかったためです。しかし予想に反して、この車の大半はスウェーデンの国内市場で販売されました。

この車は主にボルボPV444の標準コンポーネントを基に作られていましたが、独自のチューブラーフレームを使用していました。エンジンは、PV444の4気筒1.4リッターエンジンの改良版を搭載。ツインキャブレター、異なるカムシャフト、より大きなインテークバルブ、そしてより高い圧縮比によって、70 bhpを発揮しました。

主要諸元

モデル:VOLVO SPORT (P1900)
生産期間:1956~1957年
生産台数:67台
ボディ:コンバーチブル、2シーター
エンジン:直列4気筒、1,414 cc、75 x 80 mm、5,500 rpmで70 bhp
トランスミッション:3速マニュアル、フロア取り付けセレクターレバー
ブレーキ:全輪に油圧ドラムブレーキ
寸法:全長422 cm、ホイールベース240 cm
その他:このモデルの70 bhpエンジンは、1957年にアメリカ市場向けのボルボPV444で使用されました、このエンジンによりPV444は優れた性能を発揮し、「ファミリー向けスポーツカー」として販売されました