1958 - 1965

PV544

1958年8月、PV444をより近代化したボルボPV544が発売されました。1944年にPV444が発表されて以来、最大規模の変更が施されました。ボディにはより大きな曲面ガラスのウインドスクリーンを採用し、同時にリアウインドを拡大することで視界の改善を図りました。インテリアにおいては、上半分にクラッシュパッドを貼った新しいダッシュボードを装備し、車内の安全性を向上しました。スピードメーターは赤い線でスピードを表示する「温度計」を採用。後部座席にもモデルチェンジが行われ、先行のPV444より1人多く座れるようになり、快適性の改善が図られました。

また、技術面もアップデートされました。ボルボPV444は(北米を除き)一種類のみのエンジンで提供されていましたが、PV544の出現により、2つ目のバージョンが加わりました。さらに4速マニュアルトランスミッションが初めて実用化されました。

PV544の改良は、ボディパネルの内部でも継続的に行われました。大幅な変更は1961年に起こりました。有名な「B18」エンジンがボンネットの下に搭載され、同時に電気系統には12Vの電流を使用するようになりました。

主要諸元

モデル:PV544
バリエーション:Special I、II および Sport (主にこう呼称される) PV544A PV544B PV544C PV544D PV544E PV544F PV544G
生産期間:1958~1965年
生産台数:243,990台
ボディ:2ドアサルーン
エンジン:直列4気筒、オーバーヘッドバルブ、1,583 cc、79.37 x 80 mm、4,500 rpmで60 bhpまたは3,500 rpmで85 bhp 、1961年:1,778 cc、4,500 rpmで75 bhpまたは5,000 rpmで90 bhp、その後95 bhpにアップ
トランスミッション:3速または4速マニュアル、フロア取り付けセレクターレバー
ブレーキ:全輪に油圧ドラムブレーキ
寸法
その他:ボルボPV544は1950年代後半から1960年代前半にかけて、もっとも成功したラリーカーのひとつとなりました