1961 - 1970

P130AMAZON 2-Door

1961年9月には、Amazon121/122Sをベースにしたもう一つのバージョン、2ドアサルーンが発表されました。このバージョンは、特にスウェーデン市場で熱望されていたモデルです。当時、スウェーデンは2ドア車の代表的な市場でした。

厳密に言えば、この2つのモデルに違いはありません。新しい2ドアモデルでは後部座席に乗り込みやすいよう、当然のことながらドアが長めになっており、フロントシートが折りたためるようになっていました。また、リアパワーウインドは換気をよくするために、後端が開くようになっていました。

エンジンは当初、4ドアモデルと同じものを使う予定でした。しかし2ドアが若干軽めだったことと、幾分スポーティであるとみなされたため、ラリーレースやカーレースに用いられるようになりました。

Amazonのスポーティなイメージを強調するため、1800Sスポーツカーと同じエンジンを搭載し、高速でふんだんに装備を備えた123GTバージョンが1966年に導入されました。

1968年にこのモデルに別のエンジン、B20エンジン2.0リッターを搭載したもうひとつのモデルが加わりました。

P130の生産は1970年7月2日まで続きました。これがこの系列の車の最後のバージョンで、長年にわたり合計667,323台のP130が生産されました。

主要諸元

モデル:P130Amazon、2-Door
バリエーション:P131、P132 (スポーツ)、P123GT
生産期間:1961〜1970年
生産台数:359,916台
ボディ:2ドアサルーン
エンジン:直列4気筒、オーバーヘッドバルブ、1,778 cc (108立方インチ)、84.14 x 80 mm、4,500 rpmで75 bhpまたは5,000 rpmで90 bhp、1964年:95 bhp、1966年:115 bhp、1968年:1,986 cc、88.9 x 80 mm、4,800で90 bhp、5,800 rpmで118 bhp
トランスミッション:3速マニュアルまたはオーバードライブ付き4速マニュアル、フロア取り付けセレクターレバー、ステアリングコラムにセレクターレバーがついた3速オートマチック
ブレーキ:全輪に油圧ドラムブレーキ、Sバージョン:前輪にディスクブレーキ、1964年には、全車とも前輪にディスクブレーキ
寸法:全長 445 cm、ホイールベース 2,600 mm