1929 - 1933

PV651

ボルボ初の6気筒エンジンは、1929年に開発されました。このDBエンジンを搭載した最初の車はPV651です。エンジンの排気量は3リッターをわずかに上回り、出力はひかえめな55 bhpでした。この直列6気筒エンジンは、強靭かつ柔軟という2つの特長を持っていました。

PV651とその後継のPV652は、両者ともそれまでのボルボ車より長く、幅も広くなっています。4輪すべてにブレーキが標準装備され、機械的に(PV551)または油圧により(PV652)制御されました。

主要諸元

モデル:PV651
バリエーション:PV652、PV650シャシ、650スペシャル
生産期間:1929~1933年
生産台数:2,382台
ボディ:サルーンまたはコンバーチブル
エンジン:サイドバルブ式直列6気筒、3,010 cc、76.2x110 mm、3,000 rpmで55 bhp