1962 - 1969

P220AMAZON ESTATE

121/122S (Amazon)をベースにしたエステートとも言えるモデルです。1962年2月に、ストックホルムのモーターショーでデビューしました。この拡張モデルをベースに、ボルボは同系列の車で今までになく多彩なバリエーションを展開しました。

P220は4ドアで、テールゲートは上下に開くタイプでした。このデザインは、アメリカからやってきたステーションワゴンからインスピレーションを得たものです。

P220の生産はP210と並行して行われ、P220は北欧市場外でより多く見られるようになりました。この車は、商用車の市場ではあまり見られない、よりファミリー向けのエステートとしてもう一歩踏み込んだものでした。このように、P220はボルボがエステート車の一流メーカーとしての地位を築く上で重要な役割を果たしました。

主要諸元

モデル:P220Amazon Estate
バリエーション:P221、P222 (スポーツ)
生産期間:1962~1969年
生産台数:73,169台
ボディ:4ドアエステート
エンジン:直列4気筒、オーバーヘッドバルブ、1,778 cc、84.14 x 80 mm、75または90または95 bhp、後に1,986 cc、88.9x80 mm、90 bhp
トランスミッション:フロア取り付けセレクターレバー付き4速マニュアル(オーバードライブ搭載/非搭載)、またはステアリングコラム取り付けセレクターレバー付き3速オートマチック
ブレーキ:当初は、全輪ともドラムブレーキ、後に前輪にディスクブレーキ
寸法:全長 449 cm、ホイールベース 260 cm