1966 - 1974

144

1966年8月、ボルボは新型4ドアモデル、ボルボ144を発表しました。1974年までボルボの量産モデルを占めた、全く新しいシリーズの始まりとなったモデルです。

144のスタイルは、まさに時代を超越したものでした。これは、その改良モデルが1990年代に入ってもなお販売され続けていたことで裏付けられます。この車の特長は、ガラス面積が大きいことやパワーウインドが3つあることなどです。

144はラゲッジコンパートメントが大きく非常に広々とした車です。また、ボルボ144には、多くの新しい安全機能が装備されていました。フロントとリアにエネルギーを吸収するゾーンを備えるボディに加え、各ブレーキ回路が3つのホイールを制御する独自のブレーキシステムを採用しました。全輪にディスクブレーキも使用されました。インテリアには突起した部品はなく、運転席と助手席にはシートベルトが装備されました。

主要諸元

モデル:144
生産期間:1966~1974年
生産台数:523,808台
ボディ:4ドアサルーン
エンジン:直列4気筒、オーバーヘッドバルブ、1,778 cc、84.14 x 80 mm、75または90 bhp、および1,986 cc、88.9x80 mm、出力は数バージョンあり
トランスミッション:4速マニュアル、電動式オーバードライブ付き4速マニュアルまたは3速オートマチック
ブレーキ:全輪に油圧式ディスクブレーキ
寸法:全長 464 cm、ホイールベース 260 cm