1967 - 1974

145

1967年11月末、ボルボは140シリーズとして知られるようになった系列に、3つ目のバージョン、ボルボ145を導入しました。

このボルボ145は5ドアエステートで、リアセクションには、ほぼ垂直のテールゲートが備わっていました。誰もが、これは安全かつ快適、そして非常に実用的で広々とした車だと納得しました。カーゴスペースの容量は2立方メートル以上あり、フロアは完全にフラットでした。

リアセクションのこのデザインは、それ以来、全ボルボエステートの特徴となりました。

ボルボ145はすぐさま非常に人気の高いエステートとなり、140シリーズの中でますます大きな役割を果たすようになりました。

年次の変更は、2ドアおよび4ドアバージョンとほぼ同じ内容で並行して行われました。1970年には外観に変更が加えられ、一番後ろのパワーウインドがなくなり、リアドアの後ろには代わりとして一枚仕立ての長いウインドが使用されました。

主要諸元

モデル:145
バリエーション:Express、拡張ルーフ
生産期間:1967~1974年
生産台数:268,317台
ボディ:5ドアエステート
エンジン:直列4気筒、オーバーヘッドバルブ、1,778 cc、84.14 x 80 mm、および1,986 cc、88.9 x 80 mm、出力は数バージョンあり
トランスミッション:4速マニュアル、電動式オーバードライブ付き4速マニュアル、または3速オートマチック
ブレーキ:全輪に油圧式ディスクブレーキ
寸法:全長 464 cm、ホイールベース 260 cm