1968 - 1975

164

1968年秋、ボルボ164が発表されました。ボルボ144の改良モデルで、プレステージ指向をさらに進めたものでした。

技術面での主な違いは、ボルボ164には直列6気筒3.0リッターエンジンが搭載された点でした。このエンジンは、同じく1968年に140シリーズに導入された4気筒2.0リッターエンジンを基に開発されたものでした。当初、164はキャブレターを2つ装備していましたが、後になり燃料噴射付きも追加されました。

ボルボが6気筒エンジン搭載車を発売したのは、10年ぶりのことでした。最後に搭載されたのは、830シリーズのタクシーでした。

しかし、1950年にPV60の生産を終了して以来、20年近くもの間、ボルボには自家用車向けの6気筒エンジン搭載車がありませんでした。

164のエクステリアについては、フロントに独自のスタイルが用いられていました。エンジンの大型化に対応するために、ボンネットが長くなりました。フロントの形状が変わり、大型グリルを採用したことで、プレステージ感も高まりました。

インテリアでは、全く異なるシートが採用され、素材の高級感がアップし、レザーシートを選択できるようになりました。

ボルボ164の生産期間は1968~1975年でした。最終年に製造された車両のほとんどは、米国に輸出されました。

主要諸元

モデル:164
生産期間:1968~1975年
生産台数:146,008台
ボディ:4ドアサルーン
エンジン:直列6気筒、オーバーヘッドバルブ、2,978 cc、88.9 x 80 mm、135~175 bhp
トランスミッション:4速マニュアル、電動式オーバードライブ付き4速マニュアルまたは3速オートマチック
ブレーキ:全輪に油圧ディスクブレーキ
寸法:全長 470 cm、ホイールベース 270 cm