1971 - 1973

1800ES

1971年秋、ボルボの有名な1800モデルに新バージョンが登場しました。この新バージョンは1800ESと名付けられました。

旧バージョンの1800と比べて、1800ESはリアエンドのデザインが一新され、ルーフラインが延びて、エステートを思わせるスタイルになりました。1800ESは荷室容量が大きくなり、ゴルフ用品や狩猟用具などの積載スペースが広がりました。

テクノロジーに関しては、1800ESでも他の1800モデルと同じものが用いられました。

新バージョンには1972年モデルと1973年モデルの2種類がありました。1972年には両方のバージョンが同時に生産されましたが、1973年には1800ESのみの生産となりました。

1973年には最後の車両が製造され、生産を終了しました。当時、特に米国では安全基準がさらに厳しくなり、対応に費用がかかりすぎることが生産終了の原因でした。

主要諸元

モデル:1800ES
生産期間:1971~1973年
生産台数:8,078台
ボディタイプ:2シータークーペ
エンジン:直列4気筒、オーバーヘッドバルブ、1,986 cc、88.9 x 80 mm、124~135 bhp
トランスミッション:電気式オーバードライブ、4速マニュアルフロアシフトレバー、3速オートマチックコラムシフトレバー
ブレーキ:全輪に油圧式ディスクブレーキ
寸法:全長 438 cm、ホイールベース 245 cm