1974 - 1993

245

1974年8月、ボルボは240シリーズ、260シリーズと呼ばれる新世代の車を発表しました。

これらの新型モデルは140シリーズをさらに進化させた車で、先代と非常によく似ていました。変更点には、新しいフロント、大型バンパー、マクファーソンストラット式のフロントホイールサスペンションを採用した改良型シャシなどがありました。

240シリーズの登場に伴って、オーバーヘッドカムシャフト搭載の新型4気筒エンジンも発表されました。移行期間中には、従来の4気筒エンジンもしばらくの間、240シリーズのベーシックバージョンで提供されました。

ボルボ244と同様に、245もV6エンジン搭載モデルがラインナップされた時期が短期間ありました。市場で初となる乗用車向け6気筒ディーゼルエンジンは1978年の秋にボルボ240に搭載されて登場しました。このモデルは、ディーゼル燃料が重要視されていた一部の市場で成功を収めることになりました。

この新しいボルボシリーズは、厳しい安全基準に沿って開発されたものです。このモデルは非常に高いレベルで基準を満たしていたため、米国当局により安全開発の標準車両として使用されたほどです。

一方で、ボルボ245はパフォーマンスの新たな基準を打ち立てました。245のターボチャージャー搭載車は、1981年当時、世界最速のエステートのひとつとみなされていました。

この車種には、大きなフェイスリフトが2回(1981年モデルおよび1986年モデル)施されました。245はモデル末期に人気が多少復活した時期がありました。ポラール(Polar)と呼ばれるバージョンがイタリアで熱狂的な人気を集めたのです。

主要諸元

モデル:245
生産期間:1974~1993年
生産台数:959,151台
ボディ:5ドアエステート
エンジン:直列4気筒OHV、直列4気筒OHC、直列4気筒OHCターボチャージャー付き、V6 OHCおよび直列5気筒または6気筒OHCディーゼルエンジン
トランスミッション:4速マニュアル、4速マニュアル(電気式オーバードライブ付き)、5速マニュアル、3速または4速オートマチック
ブレーキ:全輪に油圧式ディスクブレーキ
寸法:全長 490 cm、ホイールベース 264 cm