1930 - 1935

TR671-9

1930年3月、ボルボは初の7人乗りを導入しました。タクシー専用車両です。TR671~679と名付けられたこれらの車は、PV651~PV655と比較してホイールベースが長いこと、そしてフィッティングが異なっていることが特徴的です。

TR671~674はPV650~652の車両をベースにしていましたが、TR675~679はPV653~655の車両により近いものでした。

ボディが高めのTR676を除き、これらの車は長めであること以外は、一般的に標準モデルの外観を呈していました。

ボルボによって納車された完成車両に加え、特殊ボディに適したシャシも提供されていました。

主要諸元

モデル:TR671~9
バリエーション:TR671 (TRS = ガラスの仕切りがついた都市用タクシー)、TR672 (TRL = ガラスの仕切りがない地方用タクシー)、TR673 (ガラスの仕切りあり)、TR674 (ガラスの仕切りなし)、TR675シャシ、TR676 (ガラスの仕切り付きの都市用タクシー、高ルーフ)、TR677シャシ、TR678 (ガラスの仕切り付きの地方用タクシー、低ルーフ)、TR679 (ガラスの仕切りなしの地方用タクシー、低ルーフ)
生産期間:1930~1935年
生産台数:845台
ボディ:タクシー、救急車、または特殊ボディ用のシャシ
エンジン:直列6気筒サイドバルブ、3,010 cc、76.2x110 mm、3,000 rpmで55 bhpまたは3,266 cc、79.4x110 mm、3,200 rpmで65hp
トランスミッション:3速マニュアル、フロア取り付けレバー
ブレーキ:全輪に油圧ブレーキ
寸法:ホイールベース、3,100または3,250 mm