1975 - 1982

264

ボルボ264は1974年の秋にボルボ164の後継車として発表され、1975年には164と264が並行して生産されました。

164が144をベースにしていたのに対し、264は244を基に製造されました。もっとも印象的な変更点は、プレステージ感を高めたスタイリングのフロントデザインでした。

PRVエンジンという全く新しいエンジンが264向けに開発されました。この2.7リッターV6エンジンはすべてアルミニウム製で、プジョーおよびルノーとの共同開発で誕生しました。

主要諸元

モデル:264
生産期間:1975~1982年
生産台数:132,390台
ボディ:4ドアサルーン
エンジン:V6OHC、2,664 ccまたは2,849 cc
トランスミッション:4速マニュアル、電動式オーバードライブ付き4速マニュアルまたは3速オートマチック
ブレーキ:全輪に油圧式ディスクブレーキ
寸法:全長 490 cm、ホイールベース 264 cm