1933 - 1937

PV653-9

ボルボ初の6気筒エンジン搭載車は早くも1929年に出現しましたが、この車をさらに開発したバージョンがそれに続きました。1933年、PV653(標準)とPV654(デラックス)が発売されました。伝統的なスタイルの信頼性の高いエンジンを搭載し、日常的な使用に適した快適かつ静かで頑丈な車です。

654デラックスには、非常に豪華な内装、ツインスペアタイヤ、リバースライトが備えられ、複数の色から選択することができました。

PV655は特殊ボディの架装に適したシャシバージョンでした。

1935年にPV658とPV659が発売され、車の外観が大幅に変わりました。ラジエーターがわずかに後ろに傾けられ、ラジエーターの前にグリルが取り付けられました。非常に特殊なホイールハブキャップも、新しい外観に大きく貢献しました。よりパワフルな6気筒エンジンも新たな特長でした。排気量は3.67リッターで80~84 bhpを発揮しました。

主要諸元

モデル:PV653~9
バリエーション:PV653スタンダード、PV654ラグジュアリー、PV655シャシ、PV653/654のバリエーション、PV656シャシ、PV657スタンダード、PV658ラグジュアリー、PV659 (ガラスの仕切りあり)
生産期間:1933 (PV653-5)、1935 (PV656-9)、1935 (PV653-5)、1937 (PV656-9)
生産台数:653台(PV653-5)、542台(PV656-9)
ボディ:サルーン
エンジン:653~5:サイドバルブ式直列6気筒、3,266 cc、79.4x110 mm、3,200 rpmで65 bhp、658~659:サイドバルブ式直列6気筒、3,670 cc、84.14x110 mm、3,300 rpmで8,084 bhp
トランスミッション:3速、フリーホイール、フロアレバー
ブレーキ:全輪に油圧ブレーキ
寸法:ホイールベース、2,950または3,550 mm
その他:1933年から1935年の間にPV653は230台、PV654は361台生産されました