1985 - 1990

760エステート

1985年初頭、ボルボは世界でもっとも洗練されたエステートと呼べるほどの車760エステートを発表しました。

760GLEエステートの「ベーシック」バージョンの動力には、過去に260シリーズで使用されていたフランス製V6エンジンの進化版が採用されましたが、インタークーラー付きの高速4気筒ターボエンジンとインタークーラー付き6気筒ディーゼルエンジンも追加されました。これらのエンジンは優れたパフォーマンスと低燃費性能により長距離走行での高い快適性と圧倒的な航続距離を実現しました。

760GLEサルーンのもっとも大きな変更は1987年に行われ、フロントデザインが一新されました。しかし、サルーンバージョンと異なり、760エステートにはマルチリンクリアアクスルが採用されませんでした。

主要諸元

モデル:760エステート
生産期間:1985~1990年
生産台数:37,445台
ボディ:5ドアエステート
エンジン:直列4気筒OHC 2,316 cc、またはV6 OCH 2,849 ccまたは2,383 ccターボディーゼル
トランスミッション:電動式オーバードライブ付き4速マニュアル、または4速オートマチック
ブレーキ:油圧式、四輪ディスクブレーキ
寸法:全長 478.5 cm、ホイールベース 277 cm