1988 - 1996

440

ボルボ440は1988年に発売され、2年間はボルボ340と並行して製造されました。その後は、440とその姉妹車460が後を継ぎ、ボルボのコンパクトカーを代表する存在となりました。

ボルボ440の基本的な技術構成とレイアウトは480スポーツクーペと同じでした。つまり、スポーツモデルの横置きエンジンと前輪駆動が採用され、480の優れたハンドリングとロードホールディングの恩恵を受けていたことになります。

モデルライフを通して、440には1.6リッターから2.0リッターまでのさまざまなエンジンが搭載されました。すべてがシングルオーバーヘッドカムシャフト搭載の4気筒エンジンで、同じエンジンシリーズをベースに開発されたものでした。

440は5ドアワゴンで、テールゲートには300シリーズで有名になった個性的なスポイラーリップを備えていました。

1994年モデルで440は外観が大きく変更され、ひとまわり大きい850シリーズのイメージに近づきました。

主要諸元

モデル:440
生産期間:1988~1996年
生産台数:460,822台
ボディタイプ:5ドアワゴン
エンジン:直列4気筒OHC 1,596 cc、1,721 cc(ターボ付き/なし)、1,794 ccまたは1,998 cc、および直列4気筒OHC 1,870 ccターボディーゼル
トランスミッション:5速マニュアル、4速オートマチック
ブレーキ:油圧式、前輪ディスクブレーキおよび後輪ドラム、または四輪ディスク
寸法:全長 431 cm、ホイールベース 250 cm