1993 - 1996

850エステート

1993年2月、4ドアセダンの850GLTの発表から2年弱で、5ドアエステートタイプが登場しました。

850エステートでは、後部のデザインがボルボ特有の形状をしており、テールゲートがほぼ垂直に立ち上がり、車内空間が最大限に確保されていました。

ボルボ850GLTは嵐のような歓迎を受けました。850ほど多くの賞を受賞した新型車は滅多にありません。エステートタイプは、日本の栄誉ある賞「1994年 グッドデザイン大賞」を受賞しました。

生産期間中に850シリーズに追加されたのはエステートタイプだけに留まりませんでした。さまざまなエンジンの選択肢が用意され、ターボチャージャー付きガソリンエンジン搭載車や直噴ターボディーゼルエンジン搭載車も取り揃えられました。

1994年、ボルボはレースに復帰することを決定し、BTCC(英国ツーリングカー選手権)で復帰を果たしました。復帰レースで使われた車こそ、ボルボ850エステート。ロードラガーとロードバーナーの特性をあわせ持つ車として注目を浴びました。

ボルボ850は世界で初めてサイドエアバッグを装備した車でした。サイドエアバッグの連続生産が始まったのは1994年秋のことでした。

850/V70シリーズでは、第1世代のAWD(全輪駆動)モデルおよびXC(クロスカントリー)モデルが華々しくデビューしました。

1997年モデルで850エステートの生産は終了し、V70が後を引き継ぎました。

主要諸元

モデル:850エステート
派生モデル:AWD、XC、R
生産期間:1993~1996年
生産台数:326,068台
ボディ:5ドアエステート車
エンジン:直列5気筒DOHCユニット、1,984 cc~2,383 cc、または直列5気筒2,461 cc SOHCターボディーゼル
トランスミッション:5速マニュアルまたは4速オートマチック、FWDまたはAWD
ブレーキ:油圧式、四輪ディスクブレーキ
寸法:全長 472 cm、ホイールベース 267 cm