1935 - 1938

PV36CARIOCA

ボルボPV36:ボルボは1930年代にトレンドであった流線型を採用し、1935年「カリオカ」として広く知られるPV36を発売しました。この車の特長は、ウィッシュボーンとコイルスプリングによる独立懸架式フロントサスペンションならびに、リアホイールスパッツがついた全スチール製の非常に頑丈なボディです。ボディは外観がモダンなだけでなく、安全性に非常に優れており、何件かの重大事故でその安全性が実証されました。

500台のサルーンに加え、1台のシャシがストックホルムのNordbergs Karosseriの手で、美しいコンバーチブルに仕上げられました。

主要諸元

モデル:PV36
バリエーション:PV36シャシ
生産期間:1935~1938年
生産台数:501台
ボディ:6人乗りサルーン、シャシ
エンジン:サイドバルブ式直列6気筒、3,670 cc、84.14x110 mm、3,300 rpmで80 bhp
トランスミッション:3速、フロアレバー
ブレーキ:全輪に油圧ブレーキ
寸法:ホイールベース 2,950 mm
その他:静かで滑らかな走行を実現する、高価で多少話題となった「カリオカ」は、サルーン500台とカブリオレが1台製造・販売されただけで、最高速度は120 kphでした