2003-2012

S40

2003年9月のフランクフルトモーターショーで、ボルボの新型車S40がデビューを飾りました。この2代目のボルボS40は、ボルボの伝統をしっかりと残しながら、最新のスタイリングを取り入れていました。車内では、北欧の影響をはっきりと感じさせる新しいデザイン言語が見て取れます。

ボルボS40にはさまざまなエンジンが用意されています。4気筒エンジンもあれば、ボルボの中型車向けとしては初となる5気筒ガソリンエンジンも取り揃えています。4気筒ターボディーゼルエンジンも用意されています。

このボルボS40にはAWD仕様車もあります。

このボルボS40には、ねじり剛性が先代モデルよりも68%高いボディが採用されています。また、複数のクラッシャブルゾーンを持つ、新しいフロント構造(特許取得済み)を採用し、高次元の安全性も実現しています。

主要諸元

モデル:ボルボS40
派生モデル:AWD
生産期間:2003~2012年
生産台数:生産中
ボディ:4ドアサルーン
エンジン:直列4気筒DOHC 1,596 ccまたは1,798 cc、直列5気筒DOHC 2,435 ccまたは2,521 cc、直列4気筒DIターボディーゼル1,998 cc
トランスミッション:5速または6速マニュアル、5速オートマチック
ブレーキ:油圧式、四輪ディスクブレーキ
寸法:全長 447 cm、ホイールベース 264 cm