1936 - 1945

PV51~7

1930年代後半のボルボの乗用車モデルは、51~56タイプでした。全モデルとも同一の基本的なボディスタイルが用いられました。違いは一部のエクステリアの変更と、装備レベルのみです。多くの車は戦争用に使われ、発生炉ガスによる駆動で出力はわずか50 bhpでした。

1936~1937年にかけて、PV51(標準)とPV52(デラックス)が発売されました。PV53~56モデルには新しいボンネットラインとV字型グリルを採用し、外観が変わりました。55と56はデラックスバージョン、53/54は標準モデルです。55/56ではフロントシートを折りたたむことができました。尖ったノーズは後継車のPV60に受け継がれました。

PV51chとPV57はローリング・シャシとして販売され、顧客の要望に応じた車体が架装されました。

主要諸元

モデル:PV51~57
バリエーション:PV51 (スタンダード) PV51シャシ V51 (1936年中に製造、PV51への分岐は不明) PV52 (ラグジュアリー) PV53 (スタンダード、スペアタイヤが外から見える) PV54 (スタンダード、トランクカバーが凸型) PV55 (ラグジュアリー、スペアタイヤが外から見える) PV56 (ラグジュアリー、トランクカバーが凸型) PV57シャシ
生産期間:1936~1945年
生産台数:6,905台
ボディ:サルーン
エンジン:サイドバルブ式直列6気筒、3,670 cc、84.14x110 mm、3,400 rpmで86 bhp
トランスミッション:フロアレバー式3速、フリーホイール付きオーバードライブ(オプション)
ブレーキ:全輪に油圧ブレーキ
寸法:ホイールベース 2,880 mm
その他:この世代のモデルは、ボルボ初の「小さめ」の車で、非常に多くの数が生産されました