a heritage of innovation

あらゆる世代を通して、ボルボは先駆者であり続けてきました。

1959年 - 3点式シートベルト

ボルボのエンジニア、ニルス・ボーリンほど多くの命を救った人物はそう多くはいないでしょう。ボーリンは、PV544に初めて搭載された3点式シートベルトの開発者です。ボルボは、誰もがこの技術の恩恵を得られるよう特許を無償公開しました。以来、このシートベルトは100万人を超える人々の命を救ったとされています。

1972年 - 後ろ向きチャイルドシート

かつて、ロケットの打ち上げで宇宙飛行士たちが力を分散させるために背中を下にしていた映像を覚えていますか?それと同じ原理が、負荷を分散させてケガのリスクを最小限に抑える後ろ向きチャイルドシートに採用されました。乳幼児の頭部は身体に比して大きく、首がすわらないため、衝突の際、脳に深刻な損傷を受ける可能性が高いためです。その後、ボルボは1976年にチャイルドブースターシートを開発し、1990年にはシートに組み込まれたインテグレーテッド・チャイルド・クッションを開発しました。

1976年 - ラムダセンサー

ラムダセンサーもボルボによる環境への貢献のひとつでした。指一本ほどの大きさの小さな装置。実は酸素センサーです。このセンサーによってボルボは有害な排出ガスを90%低減しました。40年近くにわたり、世界中のほぼすべてのガソリンエンジンにこのラムダセンサーが採用されています。

1991年 - SIPS(側面衝撃吸収システム)

ボルボはSIPS (側面衝撃吸収システム)で安全性を大きく一歩前進させました。車体構造の一部として組み込まれたこのシステムは、内部の高強度構造と衝撃吸収素材、フロアのクロスメンバー、強化シートによって構成されていました。これに続き、1994年には世界初のサイドエアバッグを開発しました。

1998年 - WHIPS (後部衝撃吸収リクライニング機構付フロントシート)

むち打ち症は、痛みが伴い、治療代がかさむこともある障害です。その上、発生率も高いことから、ボルボは低速事故に伴うこのようなケガのリスクを低減することに重点的に取り組みました。追突時の乗員の身体の動きにあわせてフロントシートがリクライニングすることにより、追突の衝撃を吸収します。独立機関の調査でも、WHIPSが世界屈指の有効性を有するシステムの一つであり、長期傷害のリスクを50%低減してきたとされています。

1998年 - インフレータブル・カーテン

インフレータブル・カーテン(頭部側面衝撃吸収エアバッグ)もボルボの安全性を大きく一歩前進させました。車室の長手方向のヘッドライナーに組み込まれたインフレータブル・カーテンは、側面衝突の際に25,000分の1秒以内の瞬時に展開し、頭部が横に投げ出されたときの衝撃を75%軽減することができます。

2002年 – ROPS(横転保護システム)

SUVの人気の高まりを受けて、ボルボは次のセーフティイノベーション、横転保護システムを打ち出す時期だと考えました。ボルボは2つの方向からこの課題に取り組みました。そのひとつは高度電子制御のRSC (ロール・スタビリティ・コントロール・システム)でSUVの安定性を向上させること、もうひとつはルーフに超高強度のボロンスチールを使用して車両の安定性に関わる構造を強化することでした。

2003年 – BLIS (ブラインドスポット・インフォメーション・システム)

車線変更の際、一瞬の不注意で死角に入った他の車に気づかなかった場合、大きな惨事を招くことがあります。そこで、ボルボはそのような状況を監視するBLISシステムの開発に踏み出しました。このシステムは、カメラを使用して、車両の斜め後方を監視します。他の車が死角に入ると、ドアミラー側の警告灯が十分な余裕を持ってドライバーに警告を発します。2013年にはレーダー式も採用し、車両の側方と後方に監視範囲を拡大しています。

2008 - 低速用追突回避・軽減オートブレーキ・システム

統計から、報告された全衝突事故の75%が時速30 km/h以下の低速事故、追突事故の50%ではドライバーがまったくブレーキを踏んでいないという驚く事実が明らかになっています。ボルボはそこに大きな変化をもたらすチャンスを見出しました。ボルボが2008年に導入したオートブレーキシステムは、レーザーを使用して先行車との衝突の可能性を検知し、ドライバーがブレーキを踏まなければ代わりにブレーキを作動します。このシステムは最高50 km/hまでの速度域で作動します。2009年に、完全停止するオートブレーキとして、国内で初めて導入されました。(XC60)

2010年 - 歩行者検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム

ボルボは、当社のセーフティイノベーションを車の外にいる人々にも届けたいと考えています。そこで、ボルボはカメラとレーダーを使用して、前方の歩行者の飛び出しを検知してドライバーに警告し、ドライバーの反応がない場合には自動でブレーキをかけるシステムを開発しました。これも非常に大きな進歩です。アメリカ合衆国では、交通事故死亡者全体の11%が歩行者です。ヨーロッパでは14%、中国ではなんと26%にも上ります。