ボルボ、凍結路面における事故防止の実証実験に1,000台のテスト車を投入 スカンジナビア諸国が共同で、クラウドを活用した路面情報共有プロジェクトを開始
2015.02.20 | 企業情報

ボルボ、スウェーデン運輸管理局、ノルウェー道路庁が共同で、凍結路面等といった道路状況の情報を、車両間で共有するプロジェクトに取り組んでいます。

クラウドネットワークを活用した車両間の情報共有は、交通安全の向上を図る革新的な手法です。
ボルボはテスト車の台数を50台から1,000台に増やすことで、このテクノロジーを活用したプロジェクトの数年以内の早急な段階での実用化を目指します。

「運転中に共有できる情報が多ければ、ドライバーはより安心して運転することができます。運転中のドライバーが一番避けたいことは、ハッとする瞬間です」と、ボルボのITS(インテリジェント交通システム)プロジェクトリーダーのエリク・イスラエルソンは述べています。
「その点を考慮して開発したシステムが、滑りやすい路面の警告システムです。凍結路面の存在をドライバーに知らせることができ、また、効率的な冬の道路の維持・管理にも効力を発揮します。さらに、ハザードランプを付けた車両が近いことをドライバーに知らせる、ハザードランプ警告システムも追加予定です。この2つのシステムが、新たに追加される安全システム開発プラットフォームの中核となります。これはまだ、このシステムの序章にすぎません。」

実用化間近のプロジェクト
この研究プロジェクトは基礎開発を終え、実用化に向けた試験および検証に入る段階に入っています。ボルボは、このタイミングでテスト車の台数を20倍に増やし、また、イェーテボリとオスロといったスカンジナビアの2大都市を含むエリアに試験地域を拡大する予定です。実験の規模を拡大することで、実際の冬の交通状況の中で正常にシステムが機能するかなど、より確実な検証が可能となります。

冬の道路の維持管理の効率化

滑りやすい路面を警告するシステムでは、既存の道路沿いの測定所を補完する施策として、凍結路面の情報を道路管理者にも送信します。こうしたデータは、道路管理者や管理業務の委託業者が冬場の道路の維持管理を計画・実行し、状況の変化にすばやく対応する一助となります。さらに、ノルウェー道路庁は、将来の冬の道路の維持管理に役立つ別のデータの用途を探るために、このシステムの独立評価を行う予定です。

意欲的なコネクティビティ戦略
ボルボは、クラウドを利用したソリューション開発のため、戦略的な投資やパートナーとの率先した提携を進めていきます。ハザードランプや凍結路面における警告システムは、ボルボのクラウドを利用する新たな安全システムです。モバイルネットワークを活用した高度な通信技術の開発は、ドライバーに対し常時、安心を提供するものです。

エリク・イスラエルソンは、こう話しています。「将来は車両間でも、車両とインフラストラクチャー間でも、重要な情報交換が増えるでしょう。より安全な交通環境の実現、運転の快適さの促進、交通の流れの円滑化など、この分野は大きな可能性を秘めています。これで、2020年までに、新しいボルボ車において、交通事故による死亡者や重傷者をゼロにするというボルボの安全目標の実現に近づくことになります。このプロジェクトは“Designed Around You”というボルボの企業理念が、ドライビング環境の改善につながることを示す実例ともなります。」

当プロジェクトについて
このプロジェクトは、道路の安全性と、冬の道路の維持管理におけるリソースの効率向上を目指す開発・実証プロジェクトです。RSIは、最新の気候モデル、車両データの高度な分析、道路区分の詳細な統計分析を組み合わせ、活用します。スカンジナビア諸国の道路で発生する凍結関連事故の防止は、コミュニティにさまざまな恩恵をもたらす重点安全対策です。プロジェクトはスウェーデン運輸管理局が主導したもので、ボルボ、ノルウェー道路庁、Klimator AB、RoadIT、ルレア工科大学、スウェーデン国立道路交通研究所(VTI)、イェーテボリ・タクシー協会、イェーテボリ大学の協力を得て推進されています。