新型 Volvo V60 Cross Countryを発売
2015.10.06 | 製品情報

・スポーツワゴンにSUVテイストを与えたクロスオーバーモデル
・新世代クリーンディーゼルを搭載した「D4」とガソリンモデルの「T5 AWD」を設定
・クリーンディーゼルとして6モデル目のラインナップ

ボルボ・カー・ジャパン株式会社は、ボルボの中核モデルである60シリーズに新たなラインアップとなる「V60 Cross Country(クロスカントリー)」を設定し、本日より販売を開始いたします。

V60に新たにCross Countryモデルを設定
「V60 Cross Country」は、V40 Cross Countryに続くCross Countryモデルの第2弾となります。スポーツワゴンモデルのV60をベースにCross Country専用のエクステリアデザインと高められた最低地上高を与え、スタイリッシュな中にもSUVテイストを与えたクロスオーバーモデルです。

エクステリアでは、ハニカムデザインのフロントグリルをはじめ、フロント&リアのスキッドプレートやサイドスカッフプレート、グラファイトカラーのフェンダーエクステンションやグロッシーブラックのドアミラーカバーやサイドウィンドートリムなど、数々の専用装備を備えます。インテリアにはオプションで専用のブラウンステッチ、ツートーンカラーを用いたスポーツシートを選択することができます。さらに、Cross Country専用のサスペンションが採用され、V60比で全高は+60mmの1540mm、最低地上高は+65mmの200mmとなっています。これにより、V60譲りの高い快適性とスポーティなドライビング性能に加え、ラフロードでの走行性能を高めています。さらに相乗効果として、高いアイポイントによる運転のしやすさ、1540mmに抑えられた全高により、一般的なSUVモデルに比べ、優れた乗降性、立体駐車場の入庫の簡便さ、といった利便性を兼ね備えます。

新世代クリーンディーゼル「D4」とガソリンモデルの「T5 AWD」を設定
パワートレーンはディーゼルモデルの「D4 SE」とガソリンモデルの「T5 AWD」を設定。
新世代Drive-Eの2.0リッター4気筒ターボディーゼル「D4」エンジンは、最高出力190ps、最大トルクは400Nmを発揮。最新の8速ATとの組み合わせにより、JC08モード燃費は19.5km/ℓとダイナミックな走行性能と低燃費、高い経済性を実現しています。またH21年排ガス基準達成、H32年燃費基準+10%達成のクリーンディーゼル乗用車として、自動車取得税および自動車重量税が免税(100%減税)、自動車税75%軽減の、エコカー減税対象車です。

一方、「T5 AWD」は、2.5リッター直列5気筒ターボエンジンにより、最高出力254ps、最大トルク360Nmを発揮。AWD(四輪駆動)システムにより、優れた走破性を実現。急勾配の坂を下る際にブレーキを自動制御し、一定車速で走行することができるヒル・ディセント・コントロールを備えています。

「V60 Cross Country」はすべてのモデルに、歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキや全車速追従機能付ACCをはじめとする全方位的な先進安全装備・運転支援機能を標準装備しています。

V60 Cross Country ラインアップ 車両本体価格

モデル名 エンジン トランスミッション
駆動方式
全国希望小売価格(税込)
V60 Cross Country D4 SE Drive- E 2.0リッター
4気筒直噴ターボ
ディーゼルエンジン
140kw(190ps)
400Nm(40.8kgm)
電子制御8速AT
(ロックアップ機構付)
ギアトロニック
前輪駆動
4,940,000円
V60 Cross Country T5 AWD SE 2.5リッター
5気筒ターボ
ガソリンエンジン
187kw(254ps)
360Nm(36.7kgm)
電子制御6速AT
(ロックアップ機構付)
ギアトロニック
全輪駆動
5,190,000円