ポールスター・シアン・レーシング、WTCCに参戦
2015.10.14 | 企業情報

ポールスター・シアン・レーシングが2台のボルボS60ポールスター・レーシングカーを投入し、2016年シーズンより複数年計画でFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)に参戦します。

「私たちはボルボ・カーの最先端テクノロジーと全世界でのエキサイティングなレースとを融合させるグローバルなモータースポーツのプラットフォームとしてFIA WTCC(世界ツーリングカー選手権)を選択しました。WTCCに参加することにより、ボルボのテクノロジーをさらに前進させ、その開発結果を直接サーキットから、パフォーマンス指向の強いお客様に向けた製品にフィードバックしていくことも可能になります」と、ボルボのパフォーマンスブランド、ポールスターのニールス・メーラーCOOは話しています。

この発表はボルボが“フライングブリック”(空飛ぶレンガ)と呼ばれたボルボ240ターボで1985年ヨーロッパツーリングカー選手権のタイトルを獲得して30年の節目の年に行われました。時を経て2016年、今回の参戦により、これまでの歴史とともに、ポールスター・シアン・レーシングは新しいボルボS60 Polestar TC1レーシングカーによって、ワールドチャンピオンの獲得をするべく、新しい挑戦へと向かっていくことになりました。

「今日は私たちポールスター・シアン・レーシングの全員にとってFIAの世界ツーリングカー選手権への挑戦を発表するという重要な日となりました。WTCCワールドチャンピオンのタイトルをスウェーデンに持ち帰るという目標に向かって挑戦を続けていきます」と、ポールスターのモータースポーツ部門の責任者、アレクサンダー・ムルドゼフスキー・シェドビンは話しています。

シアン・レーシングはボルボのパフォーマンスブランド、ポールスターの公式モータースポーツパートナーであり、その協力関係は1996年に始まり、過去にSTCC(スカンジナビアン・ツーリングカー選手権)の6度のドライバータイトル、合わせて7度のチームタイトルを獲得しており、直近では2015年まで3年連続でSTCCのダブルタイトルを獲得しています。

2011年のWTCCのテスト参戦のあと、2シーズンはオーストラリアのV8スーパーカー選手権を戦ってきましたが、2016年はポールスター・シアン・レーシングの初めての世界選手権での複数年計画のスタートとなります。

「私たちは、これから待ち受ける世界選手権のタイトルを取るという大きな挑戦に対し、一定の評価を得ています。これは長きにわたる奮闘の成果であり、これまでも冬季は徹底的なテストプログラムを実施してきましたが、学びの年となる2016年のWTCCの最初のシーズンに向けて、この冬もテストが続けられています」と、シアン・レーシングのクリスチャン・ダールCEOは語っています。

240ターボは1980年代半ばにオーストラリア、フィンランド、ドイツ、ポルトガル、ニュージーランド、スウェーデンのサーキットを制しました。当時ボルボは4気筒ターボエンジン車で参戦し、BMW、ローバー、ジャガーのような6気筒、8気筒、12気筒のエンジンを使っているメーカーに対し、そのダウンサイジングターボのコンセプトの強さを証明してきたのです。

新しいボルボS60 Polestar TC1レーシングカーは240ターボの伝統を継承し、新たに開発した400馬力の4気筒ターボエンジンを採用しており、このエンジンはボルボ最新のDrive-E(ドライブ・イー)エンジンファミリーの最先端テクノロジーをベースとしています。

「WTCCの汎用エンジンを使わず、ボルボ製のエンジンをベースとして開発することには何の躊躇もありませんでした。ボルボのエンジンは、パワー、技術、耐久性の面でレース目的に適しており、すでにSTCCやV8スーパーカーやWTCCでそれは証明されています。Drive-Eエンジンは低フリクション技術や、新しい素材を使用しているといった点で、パーフェクトな実例です。私たちはこのエンジンをロードカー用とほぼ同じタイミングの開発初期の段階からレーシングプログラムでも多くの開発作業に活用してきました。今は早く2016年のWTCCで勝利を目指して戦いたいと、うずうずしているところです」と、シアン・レーシングのエンジン開発の責任者、マティアス・イベンソンは話しています。

STCCチャンピオンの座に君臨するテッド・ビョーク、STCCで3度チャンピオンになったフレドリク・エクブロム、それに複数のSTCCレースで勝ったロバート・ダールグレンはWTCCプログラムの開発作業を担当します。

ドライバーのラインナップなど、2016年WTCCでのポールスター・シアン・レーシングの詳細は、後日改めてリリースを発信予定です。


補足事項
ポールスターとシアン・レーシングについて

ポールスターはボルボ・カーのパフォーマンスブランドであり、シアン・レーシングはポールスターの公式モータースポーツパートナーです。ボルボ・カーはポールスター・パフォーマンスABを買収し、同社はポールスターのコンプリートカーからポールスター・パフォーマンス・パッケージといったパフォーマンス・アクセサリーまで、さまざまな製品を手掛けています。ボルボ・カーは、ポールスターのレース部門を買収しておらず、現在はシアン・レーシングという名称で、引き続き、クリスチャン・ダール氏が所有しています。

ポールスター・シアン・レーシングの2016年の戦いの場は
ポールスター・シアン・レーシングは、2016年FIA世界ツーリングカー選手権、オーストラリアのV8スーパーカーシリーズ、スカンジナビアツーリンガー選手権に参戦予定です。

WTCCについて
WTCCはWorld Touring Car Championship(世界ツーリングカー選手権)の略であり、FIA(国際自動車連盟)が公式に管轄する世界5大世界選手権のひとつです。WTCCは世界中で開催され、シトロエン、シボレー、ホンダなどのメーカーが市販車を大幅にモディファイを施して参戦しているのが特徴です。レースは12回のレースウェークエンドに、2ヒート開催され、中国の上海国際サーキット、ドイツのニュルブルクリンク・ノルドシュライフェなどの各国のサーキットで行われています。シーズンは3月に始まり、11月に最終戦を迎えます。詳細は以下をご参照ください。
www.fiawtcc.com