ボルボがクリスマスのお買い物を直接あなたのお車にお届けします
2015.11.24 | 企業情報

ブラックフライデーとサイバーマンデー(感謝祭、クリスマス商戦時のオンラインショッピング等が殺到する時期)が到来する前に、ボルボ・カーズは、クリスマスの買い物の大変さから解放する新しい方法を発表します。

ボルボ・カーズは、世界初の商業ベースでの車への直接配達サービスを、北欧地域のコミュニケーション&物流サプライヤーの最大手「PostNord」、玩具&子ども用品オンラインストア最大手である「Lekmer.com」、スウェーデンの食料品ネットスーパー「Mat.se」と、協力して開始しました。クリスマスのおもちゃや贈り物、食べ物や飲み物を直接車にお届けします。

ボルボの車への直接配達は、クリスマスの買い物にありがちな、混雑した都市中心部で駐車場を探したり、人波に飲まれたり、配送ミスにがっかりしたりといった、多くの不快なことを排除し、楽しいクリスマスを約束します。

車への直接配達には、顧客の車に一度だけアクセス可能なデジタルキーを使います。車のオーナーは、ネットで商品を注文するだけで、あとは商品配達の通知を受け取り、荷物が届けられている車を運転して帰宅すればいいのです。

「クリスマスは楽しいものです。しかし、正直に言うと、多くの家族にとって忙しい時でもあります。このサービスは、買い物をより容易なものとします」と、セールス・マーケティング及びカスタマーサービス担当上級副社長のビョルン・アンウォールは語ります。「車への直接配達システムは、コネクティッドカー・テクノロジーが時間を節約し、生活を便利にするために有益であることの確かな証明となるでしょう」

車への直接配達システムは現在、ボルボの「オン・コール」サービスを契約しているスウェーデン・イェーテボリの顧客が利用可能なサービスですが、将来、スウェーデン全域や、他の国への導入を計画しています。さらに多くの企業が参加すれば、商品の種類も幅広くなることでしょう。

このサービスの利用は、非常に簡単です。ボルボ車のオーナーは、ギフトや食品、飲み物などをネットで購入の際、車への直接配達のオプションを選択するだけでいいのです。

この配達サービスは、新しいテクノロジーをどのように車に導入するべきなのかという課題に対して、ボルボが幅広い取り組みを行っていることを示す好例です。

ボルボは常に、自動車の安全や自動運転、コネクティビティの分野で、新技術の探求に力を注いでいますが、その思想の根底には、北欧の合理性、つまり、人の命を守り、時間を節約し、ドライバーに便利でメリットのある技術だけを導入していくという考えがあります。

「ボルボはテクノロジーのためのテクノロジーには関心はありません。それが顧客の生活をよりよく、より便利に、より安全で楽しいものにしないのであれば、そのテクノロジーを使うことはありません」と上級副社長兼チーフ・インフォメーション・オフィサーのクラス・ベンドリックは述べています。

※日本での導入は未定です。