ボルボ・カーズ2016年上半期も好調を維持 前年比10.5%増の世界販売
2016.7.5 | 企業情報

・上半期の販売台数が256,563台となり、すべての主要マーケットで増加
・XC90の好調な販売が台数増に貢献
・6月の対前年比10.6%増の結果により、13ヶ月連続のプラス成長
・日本国内でも対前年比11%増の6,967台を達成

ボルボ・カーズの2016年上半期販売台数は堅調に推移し、2015年の同期と比較して10.5%増の256,563台となりました。全世界的に好調なセールスを記録している新型XC90が、台数増に貢献しました。

ボルボの主要マーケットにおいて、2016年上半期の販売台数は増加しました。欧州では、スウェーデン、ドイツ、UK、フランス等の主要市場における力強いパフォーマンスの結果として、10.3%増の138,851台を達成しました。欧州ではXC60が最量販モデルとなり、新型XC90が2番目に売れました。

米国におけるボルボの復活は、同国での上半期の販売台数が前年比で約25%増であったことからも明らかです。同期の販売台数は36,654台となり、新型XC90の販売が好調で、同国の上半期のベストセラーモデルとなりました。

ボルボにとって単一マーケットとしては上半期で最大の市場となった中国は、新型XC90と、現地で生産されるXC60及びS60Lセダンの需要の伸びに後押しされ、前年比6.3%増の40,688台を達成しました。

日本では、前年比11%増の6,967台となり、堅調な販売を達成しました。新型XC90の好調な販売とその流れを受けたXC60が前年比36%増となり、販売増に貢献しています。

尚、6月単月は、全世界で前年比10.6%増の51,431台を販売し、13ヶ月連続のプラス成長を達成しました。米国が前年比43.5%増の8,588台を販売し、世界販売1位に返り咲き、中国、スウェーデン、UK、ドイツが後に続きました。

ボルボ・カー・グループの販売状況内訳:

  2016年6月   2016年1月 - 6月
市場 2015 2016 前年比 2015 2016 前年比
中国 7,282 7,727 6.1% 38,292 40,688 6.3%
米国 5,985 8,588 43.5% 29,367 36,654 24.8%
スウェーデン 6,371 7,228 13.5% 32,460 36,455 12.3%
西ヨーロッパ 19,004 20,098 5.8% 93,398 102,396 9.6%
日本 1,373 1,491 8.6% 6,254 6,967 11.4%
他地域 6,505 6,253 -4.9% 32,513 33,357 2.6%
合計 46,520 51,431 10.6% 232,284 256,563 10.5%
  2016年6月
市場 2015 2016 前年比
中国 7,282 7,727 6.1%
米国 5,985 8,588 43.5%
スウェーデン 6,371 7,228 13.5%
西ヨーロッパ 19,004 20,098 5.8%
日本 1,373 1,491 8.6%
他地域 6,505 6,253 -4.9%
合計 46,520 51,431 10.6%
  2016年1月 - 6月
市場 2015 2016 前年比
中国 38,292 40,688 6.3%
米国 29,367 36,654 24.8%
スウェーデン 32,460 36,455 12.3%
西ヨーロッパ 93,398 102,396 9.6%
日本 6,254 6,967 11.4%
他地域 32,513 33,357 2.6%
合計 232,284 256,563 10.5%

ボルボXC60は2016年上半期のグローバルでのベストセラーモデルで、73,817台を販売しました(前年上半期販売台数:78,066台)。ボルボV40/V40Cross Countryがそれに続く48,670台を販売し(前年上半期販売台数:51,507台)、新型XC90は43,911台となり販売構成比で3位を達成しました(前年上半期販売台数:6,719台)。

※モデルごとの販売台数はグローバルニュースルームのSales Volumes sectionで閲覧いただけます。

-------------------------------

2015年のボルボ・カー・グループ
2015年の会計年度において、ボルボ・カー・グループは66億2,000万クローナ(2014年度は21億2,800万クローナ)の営業利益を計上しました。同年度の売上は1,640億4,300万クローナ(1,375億9,000万クローナ)でした。2015年度の世界販売台数は過去最高の50万3,127台に達し、2014年度と比較し8%増となりました。この史上最高の販売台数及び営業利益の実績により、ボルボ・カー・グループのグローバル改革プランへの継続投資への道は開かれました。