Our Promise To The World

私たちは、「責任」を念頭に置いて、すべての活動を行っています。

ボルボは、1927年に車の生産を開始しました。当時、気候条件の厳しいスウェーデンの道路に対応するような、安全かつ丈夫な車を生産する自動車メーカーが存在しない、と考えたことが発端です。それ以来、ボルボが実現してきた数々のイノベーションの中には、世界に大きな変革をもたらしたものもあります。安全な車づくりに対する強い信念こそが、ボルボの革新的なアイディアにつながっているのです。

すべてのビジネスへの責任

ボルボ・カー・グループでは、ボルボの信念に基づき、コンプライアンスを全うするため、包括的な行動規範が定められています。これはボルボ・カー・グループに属するすべてのスタッフに加え、ボルボ・カー・グループ社員の指示の元で働くコンサルタントやエージェンシーのスタッフにも適用されます。
また、この行動規範に策定された方針が、すべての取引先企業やビジネスパートナーとの間においても、同等の基準で順守されることを求めます。サステナビリティの実現にはこうした規範も重要な要素となっています。
ボルボの行動規範 2015年4月発行

サステナビリティに関する最新の報告

ボルボ・カー・グループでは、自社製品および生産活動が、環境面、健康面、安全面に与える影響について、ガイドライン制定前の2000年より独自にレポートを行ってきました。

そして2003年、私たちは国際的なガイドラインであるグローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)に基づき、サステナビリティに関する初めての報告書を発行しました。サステナビリティに関する最新の報告内容はこちらからダウンロードすることができます。

サステナビリティに関するその他の報告書

“Tell Us”

ボルボ・カー・グループの社員、協力会社や関連会社のスタッフは、コンプライアンスに反する問題や倫理的問題に関する質問や懸案事項について自由に発言できなければいけません。
ボルボ・カー・グループには他人の声に誠実に耳を傾け、説明責任を全うする文化があります。
もしあなたが我々の行動規範への違反について報告したいときにはこちらからレポートを送信することができます。

TELL US