モデル
ご購入をお考えの方
オーナーの方
ブランド


Progress through partnership

ドライブ・ミー・プログラムのパートナーは、人々の生活をよくするサポートをしてくれます。自動運転車によって交通手段は劇的に変化しますが、その技術が個人、そして社会に最大限の恩恵をもたらすためには、その開発においてさまざまな機関と協働する必要があります。

道路の使い方を変える:スウェーデン運輸監理局 スウェーデン運輸監理局は、道路交通法にどのような変更を加える必要があるかを調査することで、自動運転車を人々の生活に適応させる支援をしてくれます。
道路交通法は、100年以上も同じ原則に従って定められていました。それは、自動運転車の登場によって大きく変化します。そして、ドライブ・ミーのモデルによってどのように変化するのかが決まるのです。

新しい運転環境:スウェーデン運輸庁 スウェーデン運輸庁(Trafikverket)は、世界初の自動運転実証実験として特別に位置づけられたドライブ・ミーを利用して、自動運転車が最大限に活用できるように、道路、インフラ、交通管理、そしてコネクティビティーのあり方を確立していきます。私たちは、現在の道路インフラと調和する自動運転技術を開発することを目的としています。

未来の街:イェーテボリ市 イェーテボリ市は、ドライブ・ミー・プログラムを実施する最適の場所で、周囲と調和する自動運転車の開発に大きな役割を果たします。イェーテボリ市は、持続可能な交通システムの政策に基づいた技術的に進歩している街です。イェーテボリ市はドライブ・ミー・プロジェクトを推進しており、そこにある自動車業界、学術機関、そしてインフラがそれを実現可能にします。

開発と学習の場所:リンドホルメン・サイエンス・パーク 新しいアイディアを創出する環境にすべてのパートナーが集うことによってドライブ・ミー・プロジェクトは進化します。リンドホルメン・サイエンス・パークにはその環境があるのです。そこは、交通に関する研究開発を行う国家機関であり、産学および地域社会からの見解を基にあらゆる方面からドライブ・ミー・プログラムを支援します。

自動運転の研究:チャルマーズ工科大学 ドライブ・ミー・プロジェクトの学術パートナーであるチャルマーズ工科大学は、社会に貢献できる自動運転車の開発を支援してくれています。このパートナーシップによって、将来の持続可能な移動手段の開発に役立つ研究を実施します。

先駆的技術を生み出す:オートリブ ドライブ・ミーは技術によって支えられており、アクティブな安全システムの開発、生産で世界をリードするオートリブが携わることが、自動運転車実現の鍵です。オートリブの参加によって、自動運転車が事故率をゼロにするより安全な世の中をともに創ることができます。

ドライブ・ミーは、一部「FFI - Strategic Vehicle Research and Innovation」からの資金提供を受けています。

OUR INNOVATIONS

ボルボはあらゆる面で人を中心に据えた設計を行っています。 そしてこの想いを反映しているのが、 IntelliSafe、SENSUS、Drive-Eです。