ボルボは2009年、「衝突回避のために完全に停止するオートブレーキ」の認可を日本で初めて取得。
2015年までの7年間で、自動ブレーキを搭載したボルボ車は、非搭載車に比べて
「事故発生率が69.0%減少*」という結果が出ています。また、追突事故や対人事故の発生率も大きく減少しています。
しかし、この機能も、ボルボ車が備える数々の安全テクノロジーのうちの1つ。ボルボはさらに技術を磨き、全方位に安心を拡げていきます。
*2009〜2015年度に新規登録されたボルボのオートブレーキ・システム搭載車は、非搭載車に比べて日本における事故発生率が69.0%、
追突事故発生率が76.5%、対人事故発生率が58.6%減少。公益財団法人・交通事故総合分析センター(ITARDA)のデータを基に独自算出。

ボルボの日本におけるオートブレーキ・システム導入の歩み

2009年
日本初となる完全停止する
自動ブレーキを導入
完全停止するオートブレーキ・システム 「シティ・セーフティ(※赤外線レーザー方式)」をXC60に導入。(前方走行車両を検知、作動速度域4-30km/hまで)
2011年
歩行者検知機能追加
「歩行者検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ(※ミリ波レーダー、デジタルカメラ方式)」をS60/V60に導入。歩行者検知を可能に。以降、XC60/V70/XC70/S80に順次採用。
2013年
サイクリスト検知機能追加
「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ(※ミリ波レーダー、デジタルカメラ方式)をV40/S60/V60/XC60/V70/XC70/S80に採用。
2014年
先進の自動ブレーキを
全車全グレードに標準装備化
「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ(※ミリ波レーダー、 デジタルカメラ、赤外線レーザー方式)」を全モデル・全グレードに標準装備化 (10種類以上の先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」アイテムとして)
2016年
歩行者・サイクリストの
夜間検知が可能に
新型XC90に導入された新City Safetyより衝突回避・軽減フルオートブレーキシステムの夜間における歩行者及びサイクリスト検知が可能に。
2016年
【世界初】
インターセクション
サポート機能追加
新City Safetyでは、右直事故の発生を未然に防ぐインターセクションサポート機能を追加。右折時に対向車との衝突の可能性が高いとシステムが判断すると衝突警告と同時に自動ブレーキを作動。
2016年
【世界初】
大型動物検知機能追加
新City Safetyに大型動物検知機能が追加。ヘラジカなどの大型動物との衝突が避けられないとシステムが判断すると自動ブレーキを作動させ、ドライバーに注意を促し、衝突被害を軽減します。

全車種に10種類以上の先進安全技術を標準搭載

Our Innovations

ボルボはあらゆる面で人を中心に据えた設計を行っています。 そしてこの想いを反映しているのが、 IntelliSafe、SENSUS、Drive-Eです。