新型XC90に生かされたユーザーの視点

Generation XC90

ボルボが耳を傾けた、厳しい要求

カリフォルニアは、世界中のほぼすべての高級車を目にする機会がある場所。ボルボは、ここで暮らす高級車オーナーの中から厳選された人たちを「フォーカスグループ」に設定し、3年間にわたる調査とインタビューを継続、新型XC90の開発に生かしました。

米国カリフォルニア州カマリロのVolvo Cars Monitoring and Concept Centre。新型XC90は完璧に磨き上げられ、宝石のように輝いています。周辺には撮影チームがスタンバイ。目的は、特任フォーカスグループが新型ボルボXC90を初めて目にしたときの反応を撮影することでした。

ボルボのフォーカスグループは、長期間にわたる調査の対象となります。LA特任フォーカスグループは、米国西海岸に暮らす高級車オーナーの人々の中から厳選されました。ボルボはこのグループを対象に3年間の調査を続けてきました。

彼らはとても厳しい人たちです。宝石デザイナーのTherese Turnerさんは「私はクルマに快適性を求めます。シートクッションだけじゃなく、背もたれも大事。小物にも目がいきます。もちろんカップホルダーにも。私は素敵なカップホルダーがないクルマなんて買いません。クルマには私の個性や仕事を反映して欲しい」と語ります。

一方、3人の子どもを持つインテリアデザイナーのReagan Hayesさんはシートアレンジの柔軟性に関心を示しています。「クルマの後に家具を放り込んで運び、帰りに子どもたちを拾って自宅に戻るなんてことも珍しくありません。SUVを買うなら用途が広くて機能性が高いことが条件です」。

「高級品」の定義には実用性も含まれるというのが、レストラン経営者のAndrew Yermianさんの持論。「私にとっては、高級品は機能的であることが第一。機能的であり、革新的であり、快適であり、私の役に立つこと。それが条件です」。

ボルボはこのカリフォルニアの5人をスウェーデンに連れて行き、スウェーデン・デザインの短期集中コースを受けてもらいました。フォーカスグループが新型XC90のインテリアなどのディテールに目を向ける前に、スウェーデン・デザインがつねに「人々のニーズから始まる」ことを理解してもらいたかったからです。

オートショーでコンセプトカーを見たときの感想を「『ボルボのデザインは本当に進んでいるね。もうオヤジ車とは呼べないな』とみんなで言いましたよ」と話してくれた、スクールファンドレイザーのSteve Hoffrichterさん。「スウェーデンでは、私たちはボルボに案内されて家具店やデザインミュージアムに行きました。そこで馴染み深い多くの日用品を目にしましたが、それらがスウェーデンでデザインされていたとは知りませんでした」と語ります。

劇場オーナーのMatt Brandtさんが求めるのは「黒い蝶ネクタイを着用して出席するようなイベントにも使いたいし、冒険旅行家という私の別の一面でも使えるクルマ」。スウェーデンで過ごした時間を思い出しながらBrandtさんは言います。「インテリア用木材の候補として20種類の板が渡され、手で触れて、さまざまな角度から観察するように頼まれました。この過程が個々の板に対して行われ、14人の人たちが意見を出し合った後、実際に使うものを絞り込みました。まるで私が考える『高級品』のイメージが実体化されたようで本当に感心しましたよ」。

「あの作業はインテリアデザインによく似ています。プロポーションやスケールについて考えなければならないし、素材同士の相性や調和も考えなければいけません。さまざまな選択肢が全部まとまって、私たちがずっと取り組んできたこのクルマが完成するんですよね」。Hayesさんも、自分が関わった作業を心から楽しんだようです。

調査開始から3年。新型XC90を初めて目にして、ボルボに対するフォーカスグループの見方は変わったでしょうか?「すっかり変わりました。新型XC90の開発に関われたことを誇りに思います」とTurnerさんは言います。Yermianさんも「新製品の開発プロセスに顧客の声を取り込もうとしているところが見られて面白かった」と同調します。そして、このプロジェクトが始まる前はボルボ車を一度も運転したことがなかったというHoffrichterさん。「スウェーデンから戻った後、米国でとてもたくさんの人たちがボルボ車を運転していることに気づきました。それに、スウェーデン・デザインも身近なところにいっぱいあることがわかりました」。

各種リクエスト

ディーラー検索

郵便番号または地域名
※本ウェブサイトに掲載されている画像やムービーは本国仕様となり、
日本仕様と異なる場合があります。
また、仕様は予告なく変更される場合があります。
詳細につきましてはボルボ・ディーラーにお問い合わせください。