エンジン・オイル

エンジンオイルは摩擦や熱、錆などからエンジンを保護し、エンジン性能を引き出してスムーズに機能させながら省燃費性、静粛性を維持しなければならない重要なパーツです。
ACEA規格による品質区分、粘度、ベースオイルなど、ぜひ知っておいていただきたい知識をご紹介します。

固まりすぎず溶け過ぎないバターのように

オイルの粘度を示すSAE粘度表示

オイル性能の鍵は“粘度”。冷めたフライパンの上では動かないバターが加熱することで溶けてサラサラになるのと同様、エンジンオイルも温度で粘度が変化します。

この粘度を示したものがSAE粘度。左側の「0W」は-35℃でもエンジン始動が可能という意味。「W」はWinterの略で、例えば 「5W」なら-35℃+5℃=-30℃までエンジン始動が可能という意味です。右側の「30」は油温が100℃のときの粘度。数字が大きいほど粘度の高い (硬い)オイルです。

ボルボのエンジン性能を最大限に引き出し、省燃費やエンジンの保護を両立させるためには、最適な粘度の純正オイルを選ぶ必要があるのです。

信頼の理由があります

ベースオイルと添加剤

エンジンオイルのベースオイルは大きく分けて〈鉱物油〉〈部分合成油〉〈全合成油〉の3種類。大小さまざまな分子が混在する鉱物油は使用とともに性能が低下してエネルギー・ロスも増え、燃費も悪化します。

もちろんボルボ純正オイルのベースオイルは分子の大きさが均一で不純物も少ない全合成油と部分合成油。ここに高品質の添加剤が加えられ、ボルボのエンジンに最適な純正オイルとなります。

Owners Menu



オーナー様により長く安心してお乗りいただくために。