ボルボ・オーシャンレース

レースが開催されています

世界でもっとも過酷なオーシャンレースの第12回が現在行われています。 

ボルボ・オーシャンレースは、ボルボが自動車メーカーとして掲げる方針と全く同じ方針を採用しています。それは、高度なデザイン、安全性、イノベーション、強さ、耐久性、環境への配慮です。

世界一周

海のマラソン

2015年6月、ゴールラインにたどり着くことを目指し、世界トップクラスの66名のセーラーが世界一周レースで腕を競い合います。その距離は、38,739海里、地球の円周を2周する距離におよびます。参加7チームが65フィートのハイテクレースヨットで、世界5大陸、11の港に寄港しながら4つの海を渡ります。

Explore the race map

Volvo Ocean 65はワールドクラスの高性能レースヨットです。ボルボの車と同じように耐久性に優れ、人を中心に設計、製造されています。 

CHARLES CAUDRELIER

強い意志を持つこと

2011-12のボルボ・オーシャンレースのレグ5で想像もつかないような大打撃を受けたCharles Caudrelier。今年はDongfeng Race Teamのスキッパーを務めます。海の上ではいかに強い意志必要とされるかについて、さらに勝利を手にした経緯を振り返ります。