The toughest test of all – Real Life

自動運転車の初のリアルワールドでの実証実験はどのように行われるのか

市街地で行われるテスト

自動運転技術を実際の道路交通に最適化するため、ドライブ・ミーの実証実験には、イェーテボリの利用者の多い通勤経路が選ばれました。これらの経路の平均速度は時速70kmで、歩行者がおらず、複数車線のバイパス区間で、安全性の試験には好条件です。

インテリセーフ・オートパイロットの操作方法

これまでのボルボ・カーのイノベーションと同様に、インテリセーフ・オートパイロットは直観的な操作が可能です。センサスのスマートなコネクティビティ・テクノロジーにより、通常の運転と自動運転をとても簡単に切替えることができます。

経験から学ぶ

新しいテクノロジーをボルボのラボからリアルワールドに持ち出すことは、現実の課題に対する答えが得られるということを意味しています。

ドライバーとの信頼を築く

あなたが車に自動運転をさせるには、その技術を完全に信用していなければなりません。そのためには、車を信頼し、車が安全で自律走行ができることに、自信を持つ必要があります。私たちはそれが確実に作動することが分かっていますが、お客さまにもそれを理解していただかなくてはなりません。ドライブ・ミーは、これがどのように成し遂げられるかを示してくれるでしょう。

人はどう反応するのか

自動運転技術を機能させるには、自動運転車に対する周囲のドライバーの反応やその相互作用を理解しなければなりませんが、ドライブ・ミー・プロジェクトはこの点でも重要な役割を果たします。インテリセーフ・オートパイロット・テクノロジーの試験を公道で実施することで、この自動運転車と一般のドライバーが出会った際、何が起こるかを確認することができます。

パートナーとの協業

自動運転車には、その実現をサポートする道路と、自動運転実施可能なインフラ整備が必要です。ドライブ・ミー・プロジェクトのパートナーとの協業により、ボルボは、未来のパーソナルモビリティをサポートするために、現実とバーチャルの両面から、交通インフラの変革の方法について学びます。

自動運転システムの設計

ドライブ・ミーの実験車両は、ボルボの最新の自動運転技術を掲載した100台のXC90を使用します。

Our Innovations

ボルボはあらゆる面で人を中心に据えた設計を行っています。 そしてこの想いを反映しているのが、 IntelliSafe、SENSUS、Drive-Eです。