ボルボ・オーナー様のペットライフをご紹介
VOLVO XC60 T6 AWD
Tuned by Polestar オーナー O.I 様
愛犬と安心してドライブを楽しみたいことが
安全性が高いボルボを選んだ理由です
12歳とは思えないほど毛づやが美しいボルゾイのマロン。飼い主であるOさんにとって初めてのボルボ車が現在乗っているXC60。「安全装備が充実しているボルボはとても魅力的でした」。その安全性はもちろんマロンのためでもあります。「土日はマロンと一緒にXC60で別荘へ向かいます。急旋回や急停止を避け、快適なドライブを一緒に楽しんでいます」。安全面だけではなく、XC60が持つ機動力にも魅力を感じていました。「ロシア原産のボルゾイは雪が大好きなんです。別荘がある地域は少しの雪道でも力強く走行できるし、なによりエンジンがパワフルで瞬発力があるところが気に入っています」。マロンと5時間以上かかる場所へもドライブ旅行に行くというOさんにとって、XC60は大きな安心感を与えてくれる存在になったようです。「一度、ボルボに乗ってしまうと他のクルマにもう乗れないです(笑)」
マロン(ボルゾイ)
12歳
VOLVO S60 T3 オーナー T.H 様
愛犬2匹とクルマで出かけるようになったことで
行動力が広がり世界が大きく変わりました
Tさんの愛犬は、スタンダード・プードルの、ナナ(白)とピノ(黒)。ボール遊びが大好きな元気いっぱいの2匹ですが、運転中はとても大人しいそう。「ピノは最初クルマ酔いしていましたが、今では慣れて遠距離の旅行へいっています」。2匹の愛犬とレジャーを楽しむTさんにとってクルマ選びのこだわりは当然ペット重視。「犬たちにストレスを与えないスムースな走りが気に入っています。長距離のドライビングでも力強い走りがいいですね」。夏は愛犬と一緒にカヤックを楽しむというTさんですが、愛車と愛犬はなくてはならない存在のようです。「このコたちがいないと、クルマで出かけることも少ないでしょうし、カヤックもやっていなかったはず。そういう意味では犬とクルマが私の生活を大きく変えましたね」。
ナナ、ピノ
(スタンダード・プードル)
ナナ6歳、ピノ2歳
VOLVO V60 T4 オーナー S.M 様
愛犬との生活で家族がアウトドア派に変わりました。
ドッグゲートを搭載した愛車で出かけます
ボルボV60のオーナーSさんの愛犬は、腰回りが曲線的で美しいラインを持つイタリアン・グレーハウンドのアレン。「まだ2歳なので泊まりの旅行には連れて行ってはいませんが、名古屋から神戸までイタリアン・グレーハウンドのオフ会にクルマで連れて行きました」。旦那さまの一目惚れでアレンとの暮らしがスタートして約2年。以来アレンとの出会いが生活を大きく変えたと言います。「もともとインドア派だった家族が、アレンと暮らすようになって、天気が良ければ外に連れだそうとクルマで出かけることが多くなりました。アレンはもちろん、私たちもアウトドアが好きになり太陽を浴びるようになりましたね(笑)」。そんなSさんの愛車にはドッグゲートが装着されています。「以前、ドライブ中に犬用のキャリーケースが固定できておらず転がってしまった時にヒヤッとしました。今はドッグゲートに入れています。少し離れているのでやや不安がりますが、親としてアレンの安全が第一です」。
アレン
2歳
撮影協力:ハッピー・ランド
広々としてきれいなドッグランを併設した愛知県稲沢市にあるカフェ。