パワーテールゲート

毎日をもっと快適にするパワー

パワーテールゲートはもうひと組の両手のようなもの、と語るのはボルボのエンジニア、マリカ・シュトルペです。

文:レオ・ウィルキンソン

“私の息子が初めてパワーテールゲートの動作を見たとき、魔法みたいだと驚いていました”と話すのは、ボルボのアクセスシステム担当リードエンジニアを務めるマリカ・シュトルペです。

革新的技術は毎日をもっと快適にします。リモコンキーやダッシュボード、テールゲートに設置された操作ボタンを押すだけで自動開閉する電動式のパワーテールゲートもそのひとつです。しかも、リアバンパーの下で足を動かすことによってもパワーテールゲートを作動させることできるので、操作ボタンに触れる必要さえありません。

この装備で重要なのは、あなたの役に立つことを考えた結果として電動化されている点であり、どのように動作しているかは問題ではありません。マリカが教えてくれました。“ボルボが生み出してきたすべての革新は、それ自体が目的ではありません。使う人の役に立つことが何より大切なのです”
  • “パワーテールゲートは閉じると自動的にロックされますから、荷物を積み込んでボタンを押したらそのままクルマを離れてもかまいません。とても便利ですよ”
マリカはさらに、“つまり、使う人の労力を少しでも減らすことが目的なのです”と説明を続けました。その一例がハンズフリー・オープニング/クロージング機構というわけです。リアバンパーの下で足を動かすだけでパワーテールゲートを操作できれば、両手に荷物を抱えていたとしても、その荷物をどこかに降ろす必要はありません。また、テールゲートが汚れていたとしても、手で触れる必要はありません。“両手がもうひと組あって、力を貸してくれているみたいじゃありませんか?”

テールゲートに設置された操作ボタンはロック機構と連動しているので、ボタンひとつでテールゲートを閉じたあとは自動的にロックまで作動します。さらに、開いたときのテールゲートの高さをお望みの位置に、とても簡単に設定することも可能です。“この機能を使えば、あなたの手が届く範囲やガレージの高さに合わせてテールゲートが開く高さを制限することができます”

ハンズフリー・オープニング/クロージング機構を搭載したパワーテールゲートは、ボルボXC60の全モデルに標準装備されています。魔法のような技術をお見せしたかったわけではありません。これはあなたの毎日をもっと快適にするために私たちが生み出した、あなたの役に立つ革新なのです。
S60 on the road

ボルボXC60についてもっと知る

※本ウェブサイトに掲載されている画像やムービーは本国仕様となり、
日本仕様と異なる場合があります。
また、仕様は予告なく変更される場合があります。
詳細につきましてはボルボ・ディーラーにお問い合わせください。