人生を楽しむためのデザイン

ボルボの新型V60では、モダンなスカンジナビアン・デザインと的を絞ったイノベーションによって、一瞬一瞬を満喫できるようサポートします。V60のチーフデザイナーを務めたT.ジョン・メイヤーにボルボの新しいエステートのインテリアを紹介してもらいましょう。

文:ダン・スティーブンス

ラグジュアリーなインテリア

T.ジョン・メイヤーはボルボの新型V60のドアを開け、インテリアを指してこう言いました。「優れたスカンジナビアン・デザインには人間味があります。良いデザインがみなそうであるように、機能的で美しく、それでいて温かみがあるのです。熟練のなせる業のような風合いが感じられる仕上がりですね。」

V60のインテリアはコンテンポラリーなスカンジナビアン・デザインを基調としたユニークな空間で、心ときめくような雰囲気を演出するように工夫されています。「車内で過ごす一瞬一瞬が豊かになります。」と言うのはV60のチーフデザイナーを務めたT.ジョン。「これは、乗った瞬間から心地良さが実感できるエステート・カー。居住性を重視した空間にいながら、外界とのつながりを感じることもできます。このクルマに乗れば何でもできる、どこにでも行けると感じるようなインテリアをデザインしました。」

60年にわたるボルボのエステート・カーに共通する目的に沿って、最先端のコネクティビティ、ミニマルなデザイン、革新的なマテリアルが融合した新型V60の新たなスタイルが生まれました。ロサンゼルスのボルボ・カーズ・デザイン&コンセプトセンターでデザイン担当のシニアディレクターを務めるT.ジョンはこう言います。「進歩とは、明確なビジョンを持って先を見通すこと。そしてボルボ・カーズは、人を中心にしたカーデザインによって暮らしをもっと便利にするというビジョンを大切にしてきたブランドです。」

洗練されたボルボラグジュアリー

V60のインテリアはフォルムと機能のバランスを取ることで優れた効果を発揮しています。例えば、キャビンの中央にタッチスクリーンを搭載することで、ダッシュボードに数多くのボタンを配置する必要がなくなり、見た目が美しく非常に使いやすいスマートなディスプレイに置き換わっています。

シンプルさは優れたデザインの要だとT.ジョンは言います。「物事をシンプルにすれば落ち着きが生まれ、ディテールにこだわることができます。これは北欧の建築や家具によく見られる特徴ですが、そのデザインは極限まで無駄を削ぎ落としていながら、高級感や洗練された雰囲気があります。」

「物事をシンプルにすれば落ち着きが生まれ、ディテールにこだわることができます。」

V60には、メタリックなブレードをあしらった特徴的な縦型エアベントや、その中央に配したダイヤモンドパターンの回転つまみなど、こだわりのディテールがちりばめられています。このエレガントなダイヤモンドパターン仕上げは、スタートボタンやセンターディスプレイ下の回転つまみ、ハンドルのつまみにも採用。「こうしたディテールが五感を楽しませ、洗練されたラグジュアリー感を演出します。」とT.ジョンは語ります。

巧みな素材使いもV60のインテリアに高級感を添えています。その好例が、Inscriptionモデルに採用したドリフトウッドのデコレーショントリム。「これはスウェーデンの風景や伝統をモダンな方法で表現したもの」とT.ジョンは言います。「見た目だけでなく手触りもすばらしく、斬新なスカンジナビアン・デザインらしいマテリアルです。ボルボ・カーズは他に先駆けて、このような洗練されたウッドパネルを取り入れていますが、そこには天然素材を精緻なフォルムに仕上げる高度な技があります。」

これも、車内で過ごす一瞬一瞬をより良いものにするための、人を中心にしたイノベーションの例と言えるでしょう。このように洗練されたラグジュアリーこそ、ボルボ・カーズの強みなのです。