カーゴスペース

足の動きによるテールゲートの開閉*

アップデートしました 1/21/2020

足の動きによるテールゲートの開閉*

リアバンパーの下で足を動かすことによりテールゲートを開閉できる、両手がふさがっているときに便利な機能です。

車両にキーレスロック/ロック解除*が装備されている場合、足の動きでテールゲートをロック解除することができます。

車両にパワーテールゲート*が装備されている場合は、テールゲートの開閉両方に対応した機能も利用できます。

ノート

キック操作のテールゲート機能には、次の2つのバージョンがあります。

  • 足の動きで開閉ができる
  • 足の動きでロック解除のみができる(テールゲートは手で持ち上げて開く)

キック動作での開閉機能には、パワーテールゲート*が必要です。

P5-15w19-Power Operated Tailgate Module-foot movement sensor

センサーはバンパー中央の左側に取り付けられています車両にスキッドプレート*が装備されている場合、センサーはバンパーの左隅に取り付けられています。

開閉するためには、車両のリモートコントロールキーの内1個が車両後方の作動範囲内(約1 m (3 ft))にある必要があります。この条件はすでにロック解除されている車両にも該当します。洗車時などに不意に開くことを防止するためです。

足の動きによる開閉

P5-15w19 - Tailgate Footmovement

検知器の作動領域内でキックをするような動作をします。

リアバンパーの左下で前方へゆっくりとキックをするような動作を1度行ないます。次に後ろへ一歩下がります。バンパーに触れないようにします。

開/閉動作がオンになると、短い確認音が鳴り、テールゲートが開きます/閉じます。

承認済みのリモートコントロールキーが車両の後方にない状態でキックをするような動作を複数回行なうと、しばらく経過するまでテールゲートを開くことができなくなります。

キックをするような動作をしているときは、足が車両の下に入ったままにならないようにします。起動に失敗する場合があります。

足の動きによる開閉のキャンセル

テールゲートの開閉中にテールゲートの動きを止めるには、前方へゆっくりとキックをするような動作を1回行ないます。

テールゲートの開閉をキャンセルするときは、リモートコントロールキーが車両の近くにある必要はありません。

テールゲートを閉位置の近くで停止させた場合、次に作動させるとテールゲートが開きます。

ノート

リアバンパーに大量の氷、雪、汚れなどが付着していると、機能が低下する、またはまったく動作しなくなる可能性があります。このため、つねにきれいな状態に保つようにしてください。

ノート

リモートコントロールキーが作動範囲内にある場合、洗車機内などでシステムがオンになる可能性がありますのでご注意ください。

スキッドプレート*アクセサリー装備車両

車両にスキッドプレートが装備されている場合、センサーはバンパーの左隅に取り付けられています。

Power-operated Tailgate, foot movement sensor Skidplate

スキッドプレート装備車両で、足の動きによって開閉するには、車両のサイドからキックをするような動作をします。開閉するためには、車両のリモートコントロールキーの内1個が車両の作動範囲内(約1 m (3 ft))にある必要があります。

P5-15w19-Power Operated Tailgate Module-foot movement sensor

検知器の作動有効領域内でキックをするような動作をします。


役に立ちましたか?