クルーズコントロール機能

追い越しアシストの使用

アップデートしました 1/21/2020

追い越しアシストの使用

追い越しアシストは、アダプティブクルーズコントロール*またはPilot Assist*とともに使用できます。「追い越しアシスト」を使用するためには、いくつかの条件があります。

追い越しアシストが作動するためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 前方に車両(「対象車両」)が存在しているとき
  • 自車の現在の速度70 km/h (43 mph)以上であるとき
  • 設定速度が追い越しを安全に行なうことができるほどの速度であるとき

追い越しアシストを起動するには:

方向指示器を作動させます。

左ハンドル車の場合は左の方向指示器、右ハンドル車の場合は右の方向指示器を使用します。

追い越しアシストが起動します。

注意

追い越しアシストシステムを使用している場合、状況の急変に伴って車両が不必要に加速するおそれがあることを運転者は認識しておく必要があります。

したがって、以下のような場合など、一部の状況では使用をひかえる必要があります。

  • 車両が進む予定の出口が通常の追い越し時に使用する側と同じ側にあり、車両がその出口に接近している
  • 自車が追い越し車線に入り終わる前に前方の車両が減速する
  • 追い越し車線の交通の流れが遅くなっている
  • 右ハンドル車で左側通行の国を走行している(逆も同様)

こういった状況は、アダプティブクルーズコントロールまたはPilot Assistを一時的にスタンバイモードに設定することで回避されます。


役に立ちましたか?