メンテナンス

8 結果

サービスポジションのワイパーブレード

ワイパーブレードの交換、清掃、持ち上げ(ウインドスクリーン上の凍結した氷を除去するときなど)を行なう際は、かならずサービスポジションにしてください。

リアワイパーブレード交換の新しい手順

車両点検に伴い、サービスメカニックによってリアウインドのワイパーアームが交換されている場合は、ワイパーブレードの交換手順が異なります。

V90 Cross Country - Volvo Ocean Race のカーゴスペースフロア

V90 Cross Country - Volvo Ocean Race には、耐摩耗性に優れ、研磨可能な専用カーゴスペースフロアが装備されています。

内装のメンテナンス

車両の使用にともない、内装に変化が生じます。レザーやファブリックは、時間の経過とともに変化して美しい風合いが生まれます。適切な方法でメンテナンスと清掃を行なうことにより、車両を長期にわたりきれいな状態に保つことができます。ボルボでは、清掃方法および清掃用製品を開発しました。

給油に関する注意事項

アップデートしました 9/17/2019

給油に関する注意事項

給油時には、ノズルをフィラーパイプの奥まで挿入し、パイプのダブルシールを通過させることが重要です。

給油時

給油を開始する前に、ダブルシールを通り過ぎる位置までポンプノズルを挿入することが重要です。適切な給油方法は、以下の手順および説明用動画で示されています。

フューエルポンプでの給油

給油は以下の手順に従ってください。

燃料給油口フラップを開きます。

ポンプのノズルを燃料給油口に差し込みます。ノズルをフィラーパイプの奥まで挿入して、パイプのダブルシールを確実に通過させます。

燃料タンクに燃料を入れ過ぎないように注意してください。給油機が自動停止した時点で、給油をやめてください。

タンクは満タンです。

15w49 - P3/P4 - Support site - Capless

ダブルシールを通り過ぎる位置までポンプノズルを挿入する必要があります。

ノート

フィラーパイプには開閉式キャップが2つあります。給油を開始する前に両方のキャップを通り過ぎる位置までノズルを挿入する必要があります。

過度に給油すると、気温の高いときはタンク内の燃料が膨張して漏れ出すおそれがあります。

給油に関する詳細情報については、オーナーズマニュアルを参照してください。

車両モデル/モデルイヤー

2013年モデル以降のV40およびV40 Cross Country


この記事の内容:

車両モデル/モデルイヤー

2013年モデル以降のV40およびV40 Cross Country


役に立ちましたか?


AdBlue®

AdBlueは、ディーゼルエンジンによる有害物質を低減することを目的として、車両の燃焼システム(SCR)で使用される、無色の液体です。本ページではAdBlueに関する情報に加え、AdBlueの補充および残量点検について必要な情報をご覧いただけます。

給油に関する注意事項

給油時には、ノズルをフィラーパイプの奥まで挿入し、パイプのダブルシールを通過させることが重要です。

リモートコントロールキーの脱着式キーブレードおよびバッテリー交換

リモートコントロールキーには、リモートコントロールキーのバッテリーの残量が少ない、またはバッテリーが切れているときなどに、左側フロントドアのロックを解除するなど、さまざまな用途に使用できる脱着式キーブレードが付いています。リモートコントロールキーのバッテリーはご自分で交換できます。