ボルボが生み出す高効率なパワー

電気自動車 - モビリティの未来

純電気自動車、そしてプラグイン・ハイブリッド・テクノロジーが、あなたのドライビングを変えます。

変化の時

2017年、ボルボは、内燃エンジンの次の時代に備えるためにボルボの全モデルを電動化することを約束しました。その時代は既に始まっています。あなたも、この変化に加わりませんか? ボルボは1970年代から電気駆動に取り組んでおり、2010年にはC30バッテリー電気自動車(テスト車両)を展開し、2012年には世界初のプラグイン・ハイブリッド・ディーゼル車の中の1モデルを発表しました。この過程の中でボルボは多くを学んできました。

テクノロジー

電気自動車への転換を容易に、そしてより楽しいものにするために、最新のバッテリーおよび駆動テクノロジーをボルボの最新モデルに適用しています。

プラグイン・ハイブリッド

ボルボのTwin Engineパワートレーンは、快適なパフォーマンスおよびゼロエミッションを実現します。

純電気自動車

ゼロエミッション・ドライブがもたらす静かな未来。

ボルボ PHEVラインナップ

XC90 T8 Twin Engine AWD

最高出力[233kW(318ps)+65kW(87ps)]
定員7名

V90 T8 Twin Engine AWD

最高出力[233kW(318ps)+65kW(87ps)]
定員5名

XC60 T8 Twin Engine AWD

最高出力[233kW(318ps)+65kW(87ps)]
定員5名

V60 T8 Twin Engine AWD

最高出力[233kW(318ps)+65kW(87ps)]
定員5名

人々を力づけるテクノロジー

人々の生活をより便利に、より楽しくする車をデザインすることがボルボの誇りです。そのための鍵となるのは、テクノロジーを人々の役に立てる方法を理解することです。これは、ボルボのあらゆる活動に適用される基本原理です。
バッテリー・テクノロジー

バッテリー・テクノロジーは急速に進化しています。これが意味するのは、電気自動車は今や内燃エンジンに代わる実現可能でスマートな手段だということです。ボルボでは、リチウムイオン・バッテリー・テクノロジーを使ってTwin Engine車に電力を供給しています。これらのバッテリーは、車両本体と同等の期間の使用に耐えられるように設計されています。

Pureモード

ボルボのTwin Engine車または純電気自動車をPureモードで運転する機会があれば、すぐに違いを感じていただけるでしょう。これらの車は、エンジンを動力とする車よりも遥かに静かなのです。さらに、発進性能の向上にも気付くでしょう。これは、電動モーターの出力が瞬時にホイールに伝達されるお陰です。

FAQ

  • ボルボが電動パワートレーンへの移行を決定した理由は?

    ボルボが電動パワートレーンの開発に着手した時期は、1970年代にまで遡ります。ですから技術的な観点から見ても、私たちにとって突然の方針転換というわけではありません。電動パワートレーンへの移行は、排出ガスを可能な限り低減し、持続可能な自動車社会を目指して取り組んでいくという、私たちの意思表明なのです。

  • これまでのガソリンエンジンやディーゼルエンジンよりも特にプラグイン・ハイブリッドが優れている点は?

    排出ガスと消費燃料の低減といった環境性能から、高い静粛性、航空機の離陸を思わせる鋭いレスポンスの加速をはじめとする動力性能まで、電動パワートレーンにはさまざまな利点があります。

  • プラグインハイブリッド車とはどのようなクルマですか?

    プラグインハイブリッド車は一般にPHEVと呼ばれており、従来型のエンジンとバッテリーからの電力を利用する電気モーターのどちらか、またはその両方を適宜選択して駆動します。

  • ボルボのTwin Engineプラグインハイブリッドで使用されるバッテリーの種類は?

    ボルボのTwin Engineモデルには、現在、リチウムイオンバッテリーが使用されています。このリチウムイオンバッテリーは、車両本体と同等の期間の使用に耐えられるように設計されています。

  • 電気モーターのみで走行した場合のプラグインハイブリッド車の航続距離は?

    ボルボのTwin Engineプラグインハイブリッドモデルは、電気モーターのみでも日常的な用途には十分な航続距離をカバーしています。実際の航続距離は、車種や運転方法、走行する場所の地形、道路状況によって異なります。Twin Engineプラグインハイブリッドモデルは、バッテリーの電力を使い果たしてしまった場合でもガソリンエンジンによって走り続けられるので、電力の残量を心配する必要はありません。

  • プラグインハイブリッドモデルの充電方法は?

    一般的な使用方法でしたら、帰宅されたときに自宅ガレージに設置した普通充電設備へ接続すれば、一晩で充電は完了します。勤務先に充電設備が備えられていれば、帰宅するまでの間にも充電可能です。また、普及が進んでいる公共の充電設備を利用すれば、お出かけ先でも充電できます。

  • バッテリーの充電が完了するまでの所要時間は?

    充電に要する時間は、普通充電(200V,16A)でおよそ2.5-3時間です。

  • Twin Engineプラグインハイブリッドはボルボのどのモデルに設定されていますか?

    Twin Engineモデルは現在のところ、XC90,V90,XC60,V60に設定されています。また、まもなく他モデルにも採用される予定です。

※本ウェブサイトに掲載されている画像やムービーは本国仕様となり、
日本仕様と異なる場合があります。
また、仕様は予告なく変更される場合があります。
詳細につきましてはボルボ・ディーラーにお問い合わせください。