あなたにとってかけがえのない命を守るために

チャイルドシート

各種チャイルドシートおよびブースタークッション

1964年に世界で初めて後ろ向きチャイルドシートの試験を始めて以来、
ボルボは50年以上もの間、チャイルドセーフティをリードしてきました。そして今、
子供の安全性を次のステップへと高めた新世代チャイルドシートを発表します。

毎日使うためのデザイン。

1970年代初頭からスウェーデンにて、ボルボの事故調査隊はボルボ車がかかわる自動車事故の調査結果を蓄積してきました。私たちはこの情報をもとに、スウェーデン・イエテボリのテストセンターにて、実際の交通状況に基づいてチャイルドシートを試験することで、継続的に改良を重ねています。日常的に使用する中で、気温や湿度の変化が素材や性能に及ぼす影響についても研究しています。また材料にも着目し、ニッケルやクロム等の有害物質の使用を抑えています。

新生児から13kgまでのお子様

ベビーシート

この時期の乳幼児の快適性と安全性を考えて設計された後ろ向きベビーシートです。サイドパネルが高く、座席が深い形状になっており、高級感のある新素材を採用し、洗濯も可能です。大きなキャリーハンドルは片手で簡単に操作でき、ヘッドレストは簡単に高さ調整することができます。重量は4.5kgで、ISOFIXアタッチメントに固定できるベースもご用意しています。

新生児から18kgまでのお子様(身長40~105cm)

回転式チャイルドシート

前後だけでなく側面を含む全方向からお子様を守る新しい安全基準R129に適合、ISO-FIX対応の利便性と安全性を両立した回転式チャイルドシート。

特別にデザインされたヘッドレスト、奥行が深いサイドサポートにより、お子様に快適な乗り心地を提供。また、シートの角度は6段階に調節できるため、どのボルボモデルでも最適な角度を実現できます。もちろん、ボルボが推奨する少なくとも3~4歳までの後ろ向き着座を考慮して設計されています。

※今秋導入予定

9か月~3-6歳位のお子様(体重9~25kg)

後ろ向きチャイルドシート

この時期の幼児の快適性と安全性を考えて設計された後ろ向きチャイルドシートです。体格の良いお子様にも後ろ向きでも座りやすい足もとの広いスペースを確保。洗濯ができる、高級感あるチャコール色の新素材を使用しています。重量は7kgで、取り付け、調整、取り外しが簡単にできるコンパクトなデザインです。ボルボは、お子様が少なくとも3~4歳くらいになるまでは後ろ向きで着座することを推奨しています。

3歳~10歳ごろのお子様(体重15~36kg)

ジュニアシート

洗濯ができる高級感のあるチャコール色の新素材を使用したパッド入りヘッドレスト、高いサイドパネル、肩パッドが、お子様の安全、快適なドライブをお約束します。ISOFIXシステムで、車のシートに、正しいポジションでしっかりとジュニアシートを固定します。重量は6.4kg。ボルボは、子供が少なくとも3~4歳になるまでは後ろ向きで着座することを推奨しています。

3~10歳ごろのお子様(体重15~36kg)

ブースター・クッション/バックレスト

安全性と快適性をそのままに、子供の成長に合わせてシートベルトをよりフィットした形で装着できるチャイルドシートです。ブースター・クッションとバックレストは、洗濯できるオフブラックの素材を使用。バックレストは角度は2段階、高さは5段階で調整可能です。ブースター・クッションとバックレストの重量は3kg。ボルボは、子供が少なくとも3~4歳くらいになるまでは後ろ向きで着座することを推奨しています。

チャイルドシートQ&A

Q. 後ろ向きチャイルドシートはどの程度重要なのでしょうか?
A. 子供の首は脆いので正面衝突の影響で引き起こされる「前方に放り出される重圧」に耐えることができません。前を向いたシートでは、衝突の際に首にかなりの負荷がかかります。後ろ向きチャイルドシートなら、この力は子供の背中と頭の全体に分散されます。一般に後方からの追突による衝撃は、正面衝突に比べて高くはありません。
Q. 後ろ向きチャイルドシートは何歳まで?
A. 乳幼児はできるだけ長い期間、少なくとも3~4歳位になるまでは、後ろ向きチャイルドシートをご使用ください。成長し、子供の頭がシートの先端を超えるくらいになった頃に前向きのチャイルドシートに換えましょう。成長につれて首は大人のように強くなっていくことでしょう。さらに背が伸びることで身体に対する頭の割合がより小さくなっていきます。それまでは後ろ向きチャイルドシートを使用してください。後ろ向きチャイルドシートで脚が完全に伸ばせないということで子供の安全性が阻害されることはありません。
Q. チャイルドシートを購入する際、注意することはありますか?
A. まず、そのチャイルドシートがあなたの車に適合するものでなくてはなりません。そして型式認証を証明するラベルや正式な保証書が付属されているかを確認してください。
Q. ベビーシートを装着する最適な場所は?
A. 多くの人々が、目配りがきき、手の届く範囲、すなわち助手席と考えるかもしれません。しかし、助手席のエアバッグが作動可能となっている場合は決して助手席にベビーシートを装着してはいけません。助手席正面に作動可能なエアバッグが備えられている場合、ベビーシートはリアシートへ装着してください。必要に応じて助手席エアバッグを非作動にできる車もあります。それが可能かは、オーナーズマニュアルをご確認ください。ボルボ車はすべてのシートに同等の安全性がありますのでどの位置でも安心して装着していただけます。
Q. 助手席エアバッグの作動状況を確認することはできますか?
A. 車によっては助手席エアバッグの非作動の設定がない場合もありますが、ボルボには助手席のエアバッグ・カットオフスイッチがあります。またスイッチがOFFになっているかは直接確認できます。

チャイルド・セーフティ・キャンペーン

2019年5月7日(火)~11月6日(水)の期間中にご応募いただいた方の中から、毎月抽選で50名様に、ボルボオリジナルステッカーと、ボルボのチャイルド・セーフティに対する取り組みをまとめた冊子『チャイルド・セーフティ・マニュアル』、かわいいイラストでドライブするお話を描いたkodomoeとのコラボレーションから誕生した絵本『ボルぼうやのぼうけんドライブ』の3点をセットにしてプレゼントいたします。
さらに、当選者の中から抽選で毎月10名様に、やさしくかわいいコケティッシュなキャラクターが日本でも大人気のスウェーデンの陶芸デザイナー リサ・ラーソンの「タオルハンカチ」をプレゼントいたします。

◆キャンペーン期間: 2019年5月7日(火)~11月6日(水)

◆当選者数:毎月抽選で50名様

◆プレゼント:
①「BABY in VOLVO」ステッカー
②チャイルド・セーフティ・マニュアル
③kodomoeとのコラボレーションから誕生した絵本
 『ボルぼうやのぼうけんドライブ』
       +
≪毎月10名様≫リサ・ラーソンのタオルハンカチ
※全7種類
※色柄はお選びいただけません。

応募要項

下記の応募要項をよくお読みいただき、同意された方のみご応募ください。
【ご応募に際しての注意事項】
■当選内容の実施・運営に関しての業務は、ボルボ・カー・ジャパン株式会社およびボルボ・カー・ジャパン株式会社が指定した代理店、実施会社にて行われます。
■ご応募は、ボルボ・ニュースレター登録(無料)が必要となります。
■ご応募はお一人様一回限りとさせていただき、複数回ご応募いただいた場合は無効とさせていただきます。
■応募の際にご登録いただいたお名前・ご住所・お電話番号に誤りがある等の理由により、当選者様ご本人への連絡ができない場合には、当選資格を放棄されたものとみなします。
■本キャンペーンは予告なく変更または中止する場合があります。

【プレゼントについて】
■賞品は、『「BABY in VOLVO」ステッカー』、『チャイルド・セーフティ・マニュアル』および 『ボルボ・オリジナルミニ絵本』の3点1セットとなります。(毎月50名様)
また、当選者の中から更に抽選で、リサ・ラーソンの「タオルハンカチ」をプレゼントいたします。(毎月10名様)
■賞品の色柄はお選びいただけません。あらかじめご了承ください。
■賞品の画像はイメージとなります。

【賞品について】
■当選の権利を金銭その他の物品と交換することはできません。また、第三者に譲渡することもできません。
■抽選や当選に関するご質問の受付は行っておりません。

【個人情報の取り扱いについて】
■お預かりした個人情報は、ボルボ・カー・ジャパン株式会社またはボルボ正規ディーラー及び賞品発送・実施に関わるキャンペーン事務局により厳重に管理いたします。
(個人情報の取り扱いについては、こちらをご覧ください。)
■ボルボ・カー・ジャパン株式会社またはボルボ正規ディーラーよりマーケティング情報や試乗等のご案内・ご連絡を差し上げる場合がございます。あらかじめご了承ください。
応募要項に同意の上
キャンペーンに申し込む