IntelliSafe Assist

ドライバー支援システム

必要なときに支援する

ドライビングがさらに強力に

ボルボ車には、日々の運転中、利便性に優れインテリジェントかつ協力的に運転を支援する機能各種が採用されています。全車速追従機能付ACC (アダプティブ・クルーズ・コントロール)、パイロット・アシスト (車線維持支援機能)、車間警告機能。これらの先進安全・運転支援機能はドライバーの認知的負荷を軽減し、純粋にドライブを楽しめるよう設計されています。

パイロット・アシスト (車線維持支援機能)

パイロット・アシストは、ドライバーがコントロールを常に維持しながら、車と一体となってインテリジェントに方向修正できるように設計され、退屈な走行状況でのドライバーの負担を軽減し、安全性の向上を図っています。このシステムは、車速の改善、車間距離の確保、安定した正確な車線維持を行います。このシステムの作動時には、衝突が差し迫った場合にも効果を発揮し、緊急時のステアリングとブレーキングの性能が向上します。

パイロット・アシストの作動上限は130 km/h。高速走行で必要となるドライバーの負担を軽減し、特に高速道路での走行で役立ちます。
パイロット・アシストを使用している間、ドライバーは常時ステアリング・ホイールに手を置き、道路前方を目視する必要があります。

ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

全車速追従機能付ACC (アダプティブ・クルーズ・コントロール)は、設定した速度を上限として、前方車両との車間距離を自動的に調整しながら加速、巡航、減速、停止までを交通の流れに合わせて自動で行い、長距離ドライブの疲労を軽減。前走車が減速して停止すると追従して前走車の後ろで停止し、ブレーキ作動状態を維持します。車速70km/hを超えて先行車に追従している際にウインカーを操作して追い越す意思を示すと、車両を一時的に加速させてスムーズな追い越しを支援する「追い越しアシスト」機能も備えています。

車間警告機能

ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)が解除されている場合、先行車両にかなり接近すると、車間警告機能が作動して、安全な車間距離をとるよう警告を発します。この機能は、ヘッドアップ・ディスプレイ装備車で利用できます。
※本ウェブサイトに掲載されている画像やムービーは本国仕様となり、
日本仕様と異なる場合があります。
また、仕様は予告なく変更される場合があります。
詳細につきましてはボルボ・ディーラーにお問い合わせください。