IntelliSafe Surround

保護テクノロジー

状況認識へのかぎ

360°の安全性

ボルボ車には、走行中のドライバーをサポートするために開発された最先端の機能が数多く採用されています。この一連の安全機能は、ドライバーが必要なときにステアリング・アシストとブレーキ・サポートを提供し、心の安らぎと安心を与えてくれます。

ステアリング・アシスト付BLIS

ステアリング・アシスト付BLIS(後車衝突回避支援機能付ブラインドスポット・インフォメーション・システム)は、リアバンパー左右に内蔵されたミリ波レーダーにより、後方や側方の車両の存在を知らせます。また、ステアリング・アシスト機能が加わったことにより、ドアミラーガラスに内蔵されたインジケーターが点灯中に車線変更または無意識に自車線から逸脱した際に、隣接車線を走行中の車両と衝突する危険が高いと判断されると、元の車線へ戻るようにステアリングを自動修正し、衝突回避をアシストします。

衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付CTA (クロス・トラフィック・アラート)

駐車スペースから後退して出庫するときの安全を確保するための装備です。リアバンパーに内蔵されたミリ波レーダーによって、接近する車両、歩行者やサイクリストの存在を検知した場合は警告音でドライバーに知らせるとともに、必要に応じて衝突回避・被害軽減ブレーキを作動させ、衝突の回避または衝突被害の低減を図ります。

CTAは、より安全かつ容易に駐車スペースから後退できるだけではなく、サイクリストや歩行者といった他の道路使用者の安全確保にも役立ちます。

被追突時警告機能(静止時ブレーキ維持機能付)

最も多いタイプの衝突の1つは、後方から接近する車両による衝突です。このタイプの衝突を回避するのに役立てるため、レーダーを使用した被追突時警告機能を開発しました。

後方から急接近する車両による追突の危険を検知した際に、ハザードランプを通常よりも速く点滅させて後方のドライバーに注意を促します。さらに追突の危険が迫ると、フロントのシートベルトを自動的に巻き取り、乗員を衝撃から保護します。また、自車が停止している場合には、最大の制動力で自動(被害軽減)ブレーキを作動させ2次被害の衝突を防ぎます。

先を見据えたボルボのシートベルト

電動プリクラッシュ・テンショナー付フロントシートベルトにはプリテンショナーとフォースリミッターに加えて、電動式のシートベルト巻き取り装置が内蔵されています。各種センサーが衝突の危険を察知すると、事前にフロントシートベルトを巻き取ることで乗員をシートに拘束し、衝撃に備えます。 巻き取る力は状況によって変化し、最大10秒間、乗員の身体を適切に保持して安全を確保します。
※本ウェブサイトに掲載されている画像やムービーは本国仕様となり、
日本仕様と異なる場合があります。
また、仕様は予告なく変更される場合があります。
詳細につきましてはボルボ・ディーラーにお問い合わせください。