1956 - 1967

P1200/P120AMAZON

1956年、ボルボから新しい乗用車のプロトタイプが発表されました。スウェーデン市場ではAmazon、海外市場では121および122Sとして知られるようになりました。よりパワフルなエンジンが搭載されたバージョンは、122Sと名付けられました。

1957年に生産が開始されたこの車は、当初PV444の大型モデルとみなされていました。これは主に、121/122Sが4ドアモデルであったためです。

モダンなスタイルのこのモデルは、ボルボがポンツーンボディを採用した最初の車です。人々はこの車に魅了されました。フロント部分は、2つの楕円エアインテークで特徴付けられ、リアウイングはより長くヒレを思わせるような形で、当時とても人気が高いデザインでした。

Amazon121/122Sは安全面でも非常に強化されました。ダッシュボードの上半分にはクラッシュパッド、ウインドスクリーンにはラミネート加工を施し、フロントシートとリアシート両方にシートベルトを装備しました。

1961年秋、P120モデルには比較的大きな変更が多数加えられました。それまでの1.6リッターエンジンは、75または90 bhpの出力を発揮するB18エンジンに変わり、12 Vの電気系統と新しいグリルが装備されました。また、90 bhpのモデルには前輪にディスクブレーキを採用しました。

この4ドアモデルのP120は、その後継モデルである全く新しいボルボ144が発売される1966年秋まで生産されました。

主要諸元

モデル:P1200 / P120AMAZON、セダン
バリエーション:P1200V、P1200H、P121、P122S
生産期間:1956~1967年
生産台数:234,208台
ボディ:4ドアサルーン
エンジン:直列4気筒、オーバーヘッドバルブ、1,583 cc、79.37 x 80 mm、4,500 rpmで60 bhpまたは5,500 rpmで85 bhp、1961年:1,778 cc、84.14 x 80 mm、4,500 rpmで75 bhpまたは5,000 rpmで90 bhp、その後1965年に95 bhpへ引き上げ
トランスミッション:3または4速マニュアル、オーバードライブ搭載/非搭載、フロア取り付けセレクターレバー(一部の車両では、ギヤシフトをステアリングコラムに装備)、ステアリングコラムにセレクターレバーがついた3速オートマチック
ブレーキ:全輪に油圧ドラムブレーキ、1961年:フロントディスクブレーキ(Sバージョン用)、1964年:フロントディスクブレーキ(全バージョン用)
寸法:全長 445 cm、ホイールベース 2,600 mm