• VOLVO×WTCC
  • TEAM
  • HIGHLIGHT

WTCCとは?

WTCC(世界ツーリングカー選手権)は世界のモータースポーツを統括するFIA(国際自動車連盟)が定める4つの世界選手権のひとつ。残る3つはF1世界選手権、世界耐久選手権(WEC)、世界ラリー選手権(WRC)で、WTCCは世界最高峰のツーリングカーレースと位置づけることができます。

“ツーリングカー”と呼ばれる競技車は、私たちが普段よく目にする4ドアセダンをベースにしており、ここに排気量1.6リッターの直噴ガソリン・ターボエンジンを搭載することが義務づけられています。しかもタイヤは日本の横浜ゴムが1社供給する“ワンスペック”で、全車が同じ仕様のタイヤを装着するため、どこか1メーカーが突出して速いクルマを作ることは難しいのです。

このためレースは常に接戦となり、時にはボディとボディを接触させる“肉弾戦”にも発展。年間11ヶ国で繰り広げられるシリーズ戦は、いつもエキサイティングなレースとなることがWTCC最大の魅力といえます。

WTCCとボルボの三カ年計画

ボルボは2011年にも試験的にWTCCに参戦していました。このときはWTCC規則に従った1.6リッター直噴ガソリン・ターボエンジンの開発が目的のひとつでした。こうしてレースで鍛えられたパワーユニットは、その後、Drive-Eと呼ばれる一連のエンジン群に姿を変え、最新のボルボ各モデルに搭載されています。

その後、ボルボはポールスター・シアン・レーシングを核とするWTCCプロジェクトを立ち上げ、2016年より複数年度計画で参戦することを決定。この計画によれば、初年度の2016年は「知識や技能の習得」、2年目の2017年は「レースでの優勝」、3年目の2018年は「世界タイトルの獲得」が目的とされていますが、ドライバーのテッド・ビョークは第10戦中国大会のオープニングレースを制し、ポールスター・シアン・レーシングは計画より1年早く、参戦初年度にしてWTCC初優勝を果たすことになりました。

一方、WTCC活動を行うポールスター・シアン・レーシングは、その名が示すとおりボルボのハイパフォーマンス部門であるポールスターと深い関係にあります。したがってWTCC参戦を通じて得られたハイパフォーマンスカーのテクノロジーやノウハウは、今後ポールスターから市販される各モデルにもフィードバックすることが期待されています。
  • VOLVO×WTCC
  • TEAM
  • HIGHLIGHT

OUR INNOVATIONS

ボルボはあらゆる面で人を中心に据えた設計を行っています。 そしてこの想いを反映しているのが、 IntelliSafe、SENSUS、Drive-Eです。