1960 - 1969

P210DUETT

P210は、PV445の後継モデルです。1958年8月からPV544に使用していたものと同じ曲面のウインドスクリーンと新しいダッシュボードが採用された1960年秋に、モデルの名称が変更されました。

特別バージョン用のシャシの生産はこの時点で終了しました。長年の間に特別バージョンを作ることに対する人々の興味が薄れてきたことと同時に、費用が急上昇したためです。しかしP210は、バンや、より柔軟なエステートとして生産が続けられました。

1962年の冬、P210に大きな変更が行われました。75 bhpを発揮するB18エンジンも搭載されるようになったのです。12 Vの電気系統への移行も、もう一つの大きな新しい特長でした。

P210Duettは主に北欧市場で販売された車です。このシリーズの最後の車両は1969年2月に製造されました。

主要諸元

モデル:P210Duett
バリエーション:P210Duettおよびバン:A、B、C、D、E、F、M、P
生産期間:1960~1969年
生産台数:60,100台
ボディ:エステートおよび配達用バン
エンジン:直列4気筒、オーバーヘッドバルブ、1,583 cc、79.37x80 mm、4,500 rpmで60 bhp、 1968年:1,778 cc、84.14x80 mm、4,500 rpmで75 bhp、
トランスミッション:4速マニュアル、フロア取り付けセレクターレバー
ブレーキ:全輪に油圧ドラムブレーキ
寸法:ホイールベース 2,600 mm