1982 - 1990

760セダン

1982年初頭における760サルーンの発表で、ボルボは優れた快適性と高次元の性能を兼ね備えた高級車を生産する、数少ないメーカーのひとつになりました。

760は非常に個性的な車両で、独特の四角いデザインのお陰で、広々とした車内空間が達成されました。安全レベルは従来のボルボ車だけでなく、大半の競合車よりも優れていました。

760GLEの「ベーシック」バージョンの動力には、過去に260シリーズで使用されていたフランス製V6エンジンの進化版が採用されましたが、後にインタークーラー付きの高速4気筒ターボエンジンとインタークーラー付き6気筒ディーゼルエンジンが追加されました。優れたパフォーマンスと低燃費性能を誇るこれらのエンジンのお陰で、長距離走行での高い快適性と圧倒的な航続距離が実現されました。

760GLEサルーンへのもっとも大きな変更は1987年に行われました。フロントデザインの変更とユニークなマルチリンクリアアクスルの導入が象徴的でしたが、他にも何百もの変更が施され、別の車と言ってもいいほどの変貌を遂げました。

主要諸元

モデル:760セダン
生産期間:1982~1990年
生産台数:183,864台
ボディ:4ドアサルーン
エンジン:直列4気筒OCH 2,316 cc、またはV6 2,849 ccまたは2,383 ccターボディーゼル
トランスミッション:電動式オーバードライブ付き4速マニュアル、または4速オートマチック
ブレーキ:油圧式、四輪ディスクブレーキ
寸法:全長 478.5 cm、ホイールベース 277 cm