1985 - 1992

740エステート

高い人気を誇ったボルボ760GLEの進化・展開を推し進めた結果、1984年にボルボ740GLEが誕生しました。この新型モデルは760に代わる選択肢となる4気筒エンジン搭載車でした。

740のエステートバージョンは1985年に発売されました。長い間待ち望まれていたラインナップの拡大でした。

ボルボ740エステートは、絶大な信頼性と卓越した安全性などが広く支持されて大成功を収め、エステートの快適性における新しい基準を作り上げました。しかし、ボルボ740エステートをセグメントでもっとも人気のある車のひとつにしたのは、その類稀な居住スペースと荷室容量でした。

長年にわたり、ボルボ740のパワーユニットにはさまざまなエンジンが使用されました。6気筒ディーゼルエンジン仕様車もありましたが、ほとんどは直列4気筒エンジン(ターボチャージャー付き/なし)でした。

エクステリアには1988年秋小規模のフェイスリフトが行われ、それが1989年モデルに反映されました。

1990年秋から、ボルボ740の生産は940と並行して2年間行われ、その後、後者が740の後を完全に引き継ぎました。

主要諸元

モデル:740エステート
生産期間:1985~1992年
生産台数:358,952台
ボディ:5ドアエステート
エンジン:直列4気筒OHC 1,986 ccまたは2,316 cc、直列6気筒2,383 ccディーゼルまたはターボディーゼル
トランスミッション:4速マニュアル、4速マニュアル(電気式オーバードライブ付き)、5速マニュアル、または4速オートマチック
ブレーキ:油圧式、四輪ディスクブレーキ
寸法:なし
その他:全長 478.5 cm、ホイールベース 277 cm