1990 - 1998

940エステート

ボルボ940/960シリーズは1990年秋に発表されました。新モデルの940は740の後継車でしたが、先代も740GLモデルとして生産が継続されました。ボルボ940のパワーユニットには、960と同様に、4気筒ガソリンエンジンまたは6気筒ターボディーゼルエンジンが採用されました。

当時ボルボは既に快適なエステートのトップメーカーとしての地位を確立していたことから、940エステートをラインナップに含めるのは当然のことでした。940エステートは先代の245/240エステートに匹敵するほどの伝説的な存在になりました。特に、S90/V90シリーズと並んで、ボルボ最後の後輪駆動車になったことで知られています。

940エステートは960エステートと非常によく似ていましたが、大衆向けの快適で安全なエステートとして、デュエット、P220「Amazon Estate」、145、245/240エステートおよび740エステートなどの後継車に位置づけられました。

主要諸元

モデル:940エステート
生産期間:1990~1998年
生産台数:231,677台
ボディ:5ドアエステート
エンジン:直列4気筒OHCユニット、1,986 cc、88.9 x 80 mm、直列4気筒OHCユニット、2,316 cc(ターボチャージャー付き/なし)、および直列6気筒OHC 2,383 ccターボディーゼル
トランスミッション:4速マニュアル(オーバードライブ付き)、5速マニュアルまたは4速オートマチック
ブレーキ:油圧式、四輪ディスクブレーキ
寸法:ホイールベース 277 cm